--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'01.18.Tue

昼間の時間

スペインに暮らしていると、夏場は、夜の10時近くまで明るいので、不思議に思ったことがあります。

サマータイムの関係や経度の関係もあるのですが、実は緯度の関係もあったようで、ちょっと整理してみましたので、ここで、お話したいと思います。

場所によっても、やや異なってくるので、ここでは、日本とスペインの首都同士の比較ということで、東京とマドリードで考えてみたいと思います。

下のグラフを見てみてください。
salidasol

青が東京、赤がマドリードです。縦軸が時間、そして横軸は12か月を表しています。
下の方の線が日の出時刻、真ん中あたりが南中時刻、上の方が日没時刻を表しています。

まず気付くのが、赤い線が、3月と10月にズレている点かもしれません。これは、サマータイムで1時間ズレていることに対応しています。
日本は、サマータイムが無いので、なだらかな線になっていますね。

そして、南中時刻は、東京はほぼ12時ごろ(細かく見ると、だいたい11時30分~11時55分の間)になっています。マドリードの方も、サマータイムによるズレを除けば、ほぼ一定です。まぁ、夏場は14時、冬場は13時くらいというところでしょうか。
この南中時刻のマドリードと東京の間のズレというのは、経度によります。東京の経度は、東経139度42分くらいで、標準時からは、プラス9時間の時差があります。本来は、東経135度の子午線が通っている明石市だと、ちょうど9時間の時差でピッタリになるのですが、東京は、そこから4度42分東にあるわけです。だからその分、約18分程度、南中時刻が12時よりも早めになるわけですね。
一方の、マドリードですが、こちらは、西経3度42分くらい。本来であれば、ほぼ標準時でOK。きちんとするならば、標準時からマイナス14分程度のはずですが、スペインは、フランスやドイツと同じ時間を使用していますので、プラス1時間なんです。
そういう訳で、マドリードと東京の南中時刻は、冬場で約1時間30分ずれています。しかも、3月下旬から10月下旬までは、サマータイムで、さらに1時間ずれるので、合計して、約2時間30分もずれることになります。
(うーんちょっと分かりにくいですね。別の考え方をすると、マドリードと東京の経度の差は、139度42分+3度42分で、142度84分。地球が1回転、つまり360度で24時間なので、15度ずれると、1時間ずれるのが、太陽からみた本来の姿です。そこで、142度84分を15度で割ってみると、9時間31分というのが、マドリードと東京のズレになる訳です。しかし、ご存知の通り、スペインと日本の時差は、冬場で8時間、夏場で7時間です。そのため、夏場は、約2時間30分もずれてしまうことになるんですね。最初からこう書けば分かりやすかったですかね。)
日本では、だいたい12時ちょっと前くらいにお日様が真上に来るわけですが、スペインの場合は、夏場の場合、14時過ぎにくるということになるわけです。ただ、グラフを見ても分かる通り、南中時刻というのは、年間を通じて、あまり変わりません。(スペインの場合、サマータイムで変わるということはありますが。)

一方、日の出と日没の時刻は、季節によって、大きく変わります。東京もマドリードも、北半球にあるため、夏になると、日の出は早くなり、日没は遅くなります。
東京の場合は、自然の法則そのままに、夏場は非常に早い時間に日の出があります。夏至の前後は、4時30分よりも前に日の出となります。それに較べてマドリードの方は、グラフを見てもらえば分かるように、日の出時刻は、夏になると東京と同様に早くなるのですが、サマータイムがうまく機能して、年間を通して8時前後の一定の幅に収まるようになっています。
逆に、日没時刻は、元々先ほど南中時刻のところで記載したような理由で、スペインは遅いのですが、それがさらに夏になるに従って、遅くなり、しかも、サマータイムでもっと遅くなっています。そのため、夏至前後の日没時刻は、21時45分よりも遅いくらいです。
しかも、マドリードは、東京よりも、緯度がやや北にあります。細かい説明は省きますが、北半球の場合、より北にある都市の方が、夏は昼間の時間(日の出から日没までの時間)が長く、冬は昼間の時間が少なくなります。(北欧などでは、夏は夜でも明るく、冬は、昼の時間が極端に短いですよね)
マドリードと東京の場合は、そこまで緯度が違うわけではないので、そんなに極端ではないですが、昼間の時間を較べると、夏至の頃は、マドリードの方は15時間3分で、東京は14時間33分と、マドリードの方が、30分ほど長くなっています。一方、冬至のころは、マドリードは、9時間19分で、東京は9時間46分と、逆に東京の方が30分近く長くなっています。
つまり、昼の時間についても、夏場は、マドリードの方が、東京よりも緯度の違いからも30分余計に明るいということが分かります。
そんな様々な理由が重なって、夏場のマドリードは、東京に較べて3時間近くも日没が遅いということになる訳です。
朝早起きした時に、暗いのは、ちょっとビックリすることもありますが、時間の有効活用ということでは、やっぱりスペインのような時間の方が、有難いかなぁという気はしています。
スペインに夏に旅行される際には、夜までしっかり遊ぶ計画を立てても良いと思いますよ。
と、今週末の「スペイン旅行を10倍楽しむエッセンス」イベントでは、こんな話もしながら、ネットを見ているだけでは、決して分からないスペイン旅行をめいっぱい楽しむためのお話をしようと思っています。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.22.Mon

オリーブご飯

晩秋を迎え、改めて秋の味覚を食べたいなぁと思ったのですが、今日は雨。妻子が車で出かけてしまっているので、歩いて買い物に行くのも面倒で、思いついたのが、「オリーブご飯」。
たまたまテレビで、今が旬の銀杏の入った銀杏ご飯をやっていたのに触発され、オリーブの実を炊き込んでみたらどうだろう?と思ったわけです。

家にストックしてあったブラックオリーブの缶詰を使って、適当に作ってみました。

Arrozaceitunas1011

使ったのは、ニンニクと玉ネギ、そして1缶分(固形量で170g)のオリーブの実。こんな感じで炊き上げてみたんですが、割と美味しくできました。
まぁ、缶詰なので、旬の香りというところには欠けていましたが、オリーブの実が好きな方には、結構お勧めできるかもしれません。

まぁ、私は、オリーブの実大好きな人なので、あまり参考にはならないかもしれません。
なにせ、スペイン在住時には、ほとんど毎日食べてましたからね。勉強しながら、1缶分たべてしまうということもよくありました。それに、日本で食べるものよりも、安くてずっと美味しいということもあったと思います。
逆に、そこまでオリーブの実なんて好きじゃないよ! という方には、そんなにお勧めしません。
それって、ほとんどの人かも(汗)

とは言え、せっかくなので、簡単にレシピを書いておきます。

材料:
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク 1片
玉ネギ  中1/2個
無洗米  300g
水    400mL
塩    小さじ1/3
ブラックオリーブ缶 1缶(固形量で170g)

作り方:
フライパンにオリーブオイルを入れ、加熱したところにみじん切りにしたニンニクを入れます。
ニンニクが色付いたら、みじん切りの玉ネギを加え、15分ほど弱火で炒めます。
水を切ったオリーブの実を加え、そこに水、塩を加えます。
沸騰してきたら、米を入れて全体を良く混ぜ、表面を平らにならしてフタをします。
弱火で25分程度で炊き上げます。
フタをとって、最後に強火にして底の部分に焦げ目をつけて完成です。

パエーリャのようなメインの料理というのではなく、豚肉などをメインディッシュにして添える形だと、美味しくいただけると思います。

Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'10.18.Mon

El Corte Inglesのエコバッグ

先日、夏休みにスペインに旅行に行った友人に、下記のエコバッグをお土産にもらいました。

ecobag

見てください。スペインに住んだことのある方ならすぐに分かる、そう、あのスペインのデパート、エル コルテ イングレスのエコバッグなんです。

何それ?っていう方は、こちらのページにどうぞ。

スペインに住んでいなくても、スペインに旅行したら、お土産などを探しに、きっと一度は寄ったことがあるんじゃないかと思います。

そんなEl Corte Inglesのエコバッグ、正直もらった時は、興奮してしまいました。
たぶん日本で使っている人は、ほとんどいないでしょうね。もし、いたら、きっとお友達になってしまうことでしょう。
でも、よく考えてみると、スペイン人とエコバッグって、全然イメージが合いません。日本みたいに個々人の意識だけ変に高かったりして、何かに踊らされるようにエコバッグとかがブームになっている国と、そもそも社会全体が環境や社会に優しいから、エコバッグなんて屁みたいなものと思っているスペイン人とでは、エコバッグに対する想いが全く違っているように思ってしまいます。
とは言え、一部のそういうところは、日本人的な気持ちが残っているのか、私としては、本当に嬉しいサプライズなお土産でした。

このエコバッグ、しかも、畳んでコンパクトにできちゃうんです。
ecobag2
こんな風に。
うーん、スペイン人がここまでやるとは思いませんでした。

と、興奮のあまり、スペイン料理講習会のレポートそっちのけで、このエコバッグのブログを書いてしまいました。

Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.02.Thu

北海道は

先日(8月中旬頃)、夏休みで真夏の北海道は旭川へ行ってきました。

子連れの旅行ということもあって、旭山動物園に行ったのですが、どこへ行っても人・人・人...
しかも、今年は特に暑く、首都圏と変わらぬ暑さ。
ただ、空気が乾燥しているせいか、日陰に入ると、比較的過ごしやすく、その辺はスペインの気候にもやや似ているなぁと思いました。
とは言え、動物見るのに北海道まで行った挙句に、炎天下並ばされるのにはもう辟易。動物好きでも何でも無い私にとっては、苦行でしかありませんでした。


むしろ、旭川で良かったのは、泊ったホテルの近くにあった、「常磐公園(ときわこうえん)」です。池があって、ボートにも乗れ、適度に木々の緑があって、しかも人はほとんどいない。やっぱり、私自身、こういうところが好きなんでしょうね。セビージャのマリアルイサ公園のような印象で、気に入りました。
さらに、その常磐公園に併設される形で建っている、「川のおもしろ館」(石狩川治水学習館)は、入場無料にも関わらず、なかなか優れた施設で、5歳になる息子も、私も楽しめました。
閉館1時間前くらいに入ったのですが、閉館時間までに全部を見切れなかったので、翌朝も開館と同時に再度入館してしまいました。
息子も大変に喜んでおりました。
何が面白いのかというところですが、見学者がほとんどいないというのもあるのですが、スタッフの方がとても親切だったりとか、地元に密着した情報をきちんと発信しているというところで、スペインの地方都市にある、同様の施設と似たような雰囲気を感じました。まぁ、スペインに限らず、どのような国でも、地方都市のこういった地元の産業や文化、歴史を伝えるような施設というのは、似たような雰囲気にならざるを得ないのかもしれません。大事にしたいものです。
そして、そういうところにこそ、興味を持ってもらいたい。見学者があまりにも少なすぎるように思いました。
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.12.Mon

スペイン優勝!

スペインがW杯で優勝した時の、web版20minutosのポータル画面は、下記のように、スペイン国旗が両サイドに飾られるスペシャル仕様になっていました。面白いですね。写真は、決勝点を決めたイニエスタ。

20minutos_cm

ぜひ、チェックしてみてください。
http://www.20minutos.es/
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.12.Mon

W杯決勝は

延長後半にイニエスタの均衡を崩す先制点。

いやぁ、しびれました。

あと、数分耐えて欲しい。

フェルナンド トーレスが、足を痛めてしまったが、交代のカードはもうない。

と、ここで、ホイッスル。
スペイン優勝!

レベルの高い、非常に見ごたえのある試合でした。よかった。

優勝の瞬間の映像では、ソフィア王妃、フェリペ皇太子、レティシアさんが喜んで立ち上がる姿も見られました。
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.08.Thu

W杯、決勝進出!

いやぁ、驚きました。まさかドイツに勝つなんて。

まさに歴史的勝利。
オランダとの決勝が楽しみになりました。
ドイツ相手には、勝てる気がしていませんでしたが、オランダ相手なら...とちょっと期待してしまいます。
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.04.Sun

W杯の決勝の組み合わせは・

さて、スペインが過去のベストリザルトと同一のベスト4進出が決まって、興奮冷めやらぬところですが、El Mundo紙(Web版)にて、決勝の組み合わせに関するアンケートがあったので、ちょっとご紹介します。

もちろん、El Mundo紙は、スペインの新聞なので、ほとんどはスペイン人の票だということを忘れずに結果を見て欲しいのですが、7月4日16時(日本時間)時点では、1200票の投票が済んでいる状態です。

スペイン―オランダ  48%
オランダ―ドイツ   37%
スペイン―ウルグアイ 12%
ドイツ―ウルグアイ  4%

となっています。
ということは、オランダは、ウルグアイに勝つと予想している人が多いようです。
スペインとドイツでは、そりゃぁスペイン人ですから、スペインへの期待も込めての票数になっていることと思います。

さて、どうなることやら。

そういえば、テニスのウィンブルドン選手権が行われており、スペイン人のナダルが決勝に臨むのですが、あまり話題には上っていませんね。まぁ、ナダルは2008年に一度優勝してますし、サッカーとテニスでは、注目の度合いが全く違いますからね。
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.04.Sun

W杯準決勝進出!

後半に入っていよいよ盛り上がりを見せているサッカーW杯ですが、スペインが準決勝進出となりました。
毎回のように優勝候補などと言われていても、なかなか勝てなかったスペインですが、1950年以来2回目となる準決勝進出となりました。
スペインのベストリザルトはその時のベスト4。なので、次のドイツ戦に勝てば、スペインとしては初となる決勝進出。

やっぱり見ていて胃が痛くなるようなスペインの試合は、辛いですが面白いですね。
決勝点となったビジャの得点にはしびれました。
そして、ゴールキーパーのカシージャスも、ピンチをよく救いました。
El Mundo紙(Web版)の記事の早さにも驚きです。
試合終了の笛が鳴って、たった3秒後には、「ビジャとカシージャスがスペイン代表を準決勝へ導いた!」というタイトルで、記事が更新されていました。まぁ、事前に作っておいた記事を、笛と同時にアップしただけなんでしょうけど、さすが早いですね。
メイン記事の横では、1分ごとに試合の模様をテキストで実況中継しているくらいですから、このスピードというのも当たり前かもしれません。

さて、次戦の相手はドイツですが、アルゼンチンに4-0で勝利しており、かなりの強敵であることは間違いありません。というか、難しいでしょうかね。
個人的には、今回のW杯の目標はベスト4だったので、そういう意味では目標は完全に達成されたので、満足です。
でも、ここまで来たら、もう1勝、いや、もう2勝した優勝して欲しい気もしてしまいますが、それは求め過ぎでしょうか。
Categorieスペイン雑感
トラックバック(1)  コメント(0)
2010'06.08.Tue

スペイン旅行のお土産「料理雑誌」

先日のブログに、下記のように書いていたのですが、そうしたら、嬉しいことにスペイン料理の雑誌を本当に買ってきてくれました。いやぁ、本当に嬉しいです。


ちなみに、私がもらって一番嬉しいスペインのお土産は、スペイン料理の本ですね。と言っても、すでにスペイン料理の本は家に20~30冊くらいはあるので、トラディショナルな料理については、だいたい網羅しているのですが、最近流行りのスペイン料理が載っているような、料理雑誌などは、値段も手頃なこともありますし、買ってきてもらえるとすごく嬉しいです。(誰か買ってきてくれないかなぁ...(笑))
ブログ:スペイン旅行のお土産




cocinamia10v

買ってきてくれた雑誌は、これです。
「COCINA mia」いやぁ、私はブログにCOCINA miaという雑誌名までは書かなかったのですが、これを買ってきてくれるとは、本当に嬉しいです。この雑誌は、そんなに分厚くないのですが、それでいて、ページ数を良くみると、80ページ余りもあり、最近流行りの料理がいろいろと載っています。今回買ってきてもらったものも、夏向けのレシピが75種類も掲載されている模様。まさに、嬉しいレシピ集です。
実は、このCOCINA miaという雑誌は、私がスペインに住んでいた頃、結構買っていた雑誌の一つです。料理のレシピはもちろん、最近のキッチングッズなども載っていて、普通に読むだけでも面白いです。
昔は、雑誌に載っているグッズなどは手に入りにくかったのですが、グローバル化もあって、こういったスペインの雑誌に載っているものでも、ネット通販やちょっとしたお店でも売っていたりしますね。売っているお店も掲載されていて、例えば、IKEAとか書いてあったりもするので、日本のIKEAでも、手に入るものもあるかもしれません。(スペインでも、IKEAは人気です。)


昨日もらったばかりで、まださらっとしか読んでいないのですが、面白そうなレシピがいくつかあったので、家で試してみるつもりです。
簡単で美味しいものができたら、料理講習会のメニューとして登場するかもしれません。
いやぁ、本当に嬉しいです。こんなものが、と思われるかもしれませんが、私にとっては、いろんなものが詰まった思い出でもあり、現実でもあり、スペインに住んでいた頃を思い出してしまいました。


ちなみに、これ系の雑誌は、「Cocina Ligela」(カロリーを気にする人向けの料理雑誌)とか、「Cocina Facil」(超簡単料理ばかりの料理雑誌)など、いろいろあります。「Cocina Facil」に対抗して、「Cocina Dificil」とかあったら面白いんですけどね。


Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。