--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'05.28.Sat

スペイン料理講習会(試作会)

今日は、スペイン文化交流センターのスタッフで、次回のスペイン料理講習会の料理の試作をしました。メニューは当日のメニューと同じ、イカ墨のパエーリャ、玉ネギのスープ、ホウレンソウ入りトルティーリャ(スペインオムレツ)、サングリアを作りました。
イカ墨のパエーリャは、私にとっては3週連続ということもあったのですが、いろいろと工夫した結果、料理講習会で作るのにピッタリの美味しいレシピが完成しました。まさに、本場の味という美味しさと言っても言いすぎではないと思います。
トルティーリャは、以前の料理講習会でも使った簡単レシピでしたが、これに関しては、火加減とタイミングがちょっと難しいのですが、コツさえつかめば結構うまく焼けます。
玉ネギのスープは、スペイン語のレシピから少しアレンジしていたのですが、中に入れるパンが大きかったせいか、スープが少なくなってしまいました。再度試作をした上で、料理講習会に臨みたいと思います。でも、味の方はなかなか美味しくできました。
そして、サングリアは、やっぱりいつ作ってもなかなか美味しく、良いものです。
スタッフは、スペインへの留学経験のあるメンバーばかりなので、スペイン談義に花が咲いて楽しい食事となりました。
皆様お疲れ様でした。そして、講習会当日もよろしくお願いします。

スポンサーサイト
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2005'05.23.Mon

今日もイカ墨

今日も、今日とて、先週に引き続き、イカ墨のパエーリャを作りました。
先週のも、なかなか美味しくできたのですが、より美味しく、さらに簡単に作るために、試行錯誤を繰り返している段階です。
何と言っても、先週は刺身用のスルメイカ2杯を下ろして使ったのですが、イカを下ろすというのは、ちょっと...という人も多いので、お手軽を目指す当団体としては、冷凍イカロールを使用したり、その他いろいろと省力化のアイディアを盛り込んでいます。
今回でほぼレシピが固まったので、来週はうちのスタッフで試作会をやる予定です。

それから、今日は、Sopa de Cebolla(玉ネギのスープ)も作りました。いかにもスペイン人が好きそうなスープで、作り方もそんなに難しくないので、これを次回の料理講習会の未定だった一品とすることにしました。
ただ、これも改良の余地ありで、より美味しく、簡単なレシピを模索していきます。
よろしくお願いします。
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2005'05.21.Sat

パセオフラメンコに掲載されました

2月19日に開催した「スペイン料理講習会」の模様が羽衣えるさんの漫画で、フラメンコ雑誌「パセオ フラメンコ」6月号(5月20日発売)に掲載されました。
なかなか料理講習会の様子を的確に描いていただいて、雰囲気がよく伝わっていると思います。私や他のスタッフ、また参加者の一部の方々も、似顔絵で描かれていますので、よかったら、見てみてくださいね。
次回の料理講習会は6月18日を予定してます。どなたでもご参加できますので、ぜひご参加下さい。詳しい内容・お申込みはこちらからどうぞ。
(定員に達した時点で締め切りとさせていただきますので、ご了承下さい。)
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(2)
2005'05.17.Tue

レアル届かず

サッカーのスペイン1部リーグは、残り2試合を残して優勝が決まり、レアルマドリードは残念ながら優勝はできませんでした。開幕直後の不振が最後まで響いた結果となりました。昨季、今期とも、地中海沿岸のチームが優勝するという由々しき事態が続いているスペインサッカー。来期こそはと思いを強くするものです。
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
2005'05.15.Sun

イカ墨のパエーリャ

今日は、イカ墨のパエーリャ(paella negra)をつくってみました。
実はイカ墨を使うのは初めてなので、うまくできるかどうか自信がなかったのですが、とても美味しくできました。普通のパエーリャと較べても調理は難しくありませんでした。ただ、レシピについては、少々手を加える必要がありそうで、これから何度か試作を繰り返し、料理講習会のメニューにしたいと思います。
今回とてもうまくできたこともあり、次回の料理講習会は、先日作ったコシードではなく、イカ墨のパエーリャに変更となりました。(コシードは、冬の食べ物なので、もう少し寒くなってからのメニューにしたいと思います。)

Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2005'05.08.Sun

F1スペイングランプリ

今まで、F1(Formula 1:車のレース)についてはこのブログで書いてきませんでしたが、今回は、ちょっとF1について書いてみようかと思います。
今年は全19戦で戦われるF1世界グランプリですが、今回はその第5戦、スペイングランプリでした。今までスペインでは、バイクなどのレースの方がメジャーで、F1はほとんど見向きもされていなかったのですが、今年は違います。
スペイン北部ビルバオ出身のフェルナンド アロンソが活躍しているため、メディアも過熱気味です。今年は、第1戦こそ3位でしたが、第2戦から第4戦まで連続優勝して、年間ポイントでもトップを走る快進撃、期待するなという方が無理な大活躍ぶりです。そして迎えた母国スペイングランプリ。スペイン人がF1で優勝したのがアロンソが初めてなので、当然今までスペインでスペイン人が優勝したことはなく、スペイン人の母国グランプリ初優勝が期待されました。
結果はライコネンに次ぐ2位ということでしたが、観客の皆さんは、アロンソの力強い走りに満足したのではないかと思います。
母国初優勝は来年にとっておくことで、今後も応援を続けていけることでしょうし。
それにしても驚いたのは、スペインのメディアの対応です。一昨年くらいからアロンソが活躍し始めたため、メディアでもずいぶんと取り上げられてきていましたが、今年は、大手新聞のEl Mundoでは、F1の大特集。しかも、その速報性はすごいもので、レースが終わって数分のうちに、El Mundoのホームページに結果が掲載されました。しかも、レティシアさんのご懐妊のニュースに次ぐ2番目です(このニュースが無ければトップだったかも)。スポーツ新聞のMarcaのページでも、レース終了後やはり数分の後には、結果が掲載されていました。
一方、F1の専門ページであるRacing-Live.comなどでは、レース終了後、結果が掲載されるのは、いつも1時間くらい経ってからで、今回も同様のようです(日本語版だけでなく、スペイン語版も)。
この速報性にはちょっと驚きです。日本などでは、ホームページのトップなどにF1の結果などを持ってきたりすると、録画放送や、ビデオにとって後で楽しむ人が先に結果を知ってしまうために、苦情がくることがあるようですが、スペインの場合、そんなことにはならないんでしょうね。
まぁ、スペインの場合、ヨーロッパ時間なので、生中継で見ている人も多く、録画して見るという扱いにはなっていないことが大きな原因ではないかと思います。
まぁ、何にしても、このF1熱はアロンソが活躍する限り続いていくことでしょう。
(写真は、第2戦バーレーングランプリで優勝したアロンソ)

Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
2005'05.08.Sun

【緊急!】スペイン皇太子妃御懐妊

スペイン皇太子妃レティシア オルティスさんがご懐妊されたことがスペイン王室から発表されました!!
昨年5月22日にフェリペ皇太子とレティシアさんがご結婚されてから1年後の幸せなニュースです。出産予定は今年の11月ということです。
現国王フアン カルロスI世にとっては、7人目の孫となりますが、フェリペ皇太子夫妻にとっては、最初の子供となります。
とにかくおめでとうございます!!
(写真は、昨年5月の結婚式の際のフェリペ皇太子とレティシアさんです。)

Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
2005'05.08.Sun

料理試作「コシード」

今日は、マドリードの郷土料理と言われるコシードを作りました。
コシード(=cocido)というのは、「煮る」「ゆでる」という動詞の"cocer"から派生していることからも分かるように鍋で肉や野菜を煮た料理です。
本当のコシード マドリレーニョ(マドリード風コシード)は、一皿目と二皿目に分かれていて、一皿目が、細いパスタの入ったスープで、二皿目が煮込んだ肉やジャガイモなどです。ただ、この方式、どうも私には馴染まなかったので、今回は、スープもパスタも豆も肉も野菜も一緒に食べてみました。
これがなかなか美味しく、満足できました。
ガルバンソ豆(ひよこ豆、ガルバンゾなどとも表記されます)を最初から煮込むと時間がかかるため、今回はガルバンソ豆の水煮缶を使い、チョリソーの代わりにはサラミ、そしてフィデオス(細いパスタ)の代わりにはスパゲティーを折って使うという代替品ばかりでしたが、牛スネ肉や豚バラ肉もふんだんに使い、また圧力鍋を使用したこともあって、1時間半くらいで完成することができました。これなら料理講習会でもできる時間ということで、今までやりたくても調理時間の関係で料理講習会のメニューにできなかったコシードを次回のメニューに組み込むことができそうです。
今回使用した材料も、近所の普通のスーパーで手に入れたものばかりで、特別なものはなにもなし。味の方は懐かしいスペインのママの手料理に近く、ほのぼのとした具合が良いのではないかと思います。
今回のレシピに少々手を加えて料理講習会のメニューにしますので、お楽しみに。
(次回のスペイン料理講習会は6月下旬を予定しています。)
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。