--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.31.Mon

スペイン旅行5:プラド美術館

セビーリャに始まったこの旅行も、やっとマドリードまで来ました。

マドリードと言えば、やはりプラド美術館でしょう。そこで、今日は今回の旅行で訪れたプラド美術館について、どんな風に鑑賞したか、その一端をご紹介しましょう。

今回の旅行は、1歳4ヶ月の息子も一緒なので、あまり美術館などは寄らずに来たのですが、ここだけはやはり外せません。
マドリード近郊のアルカラ デ エナーレスという街に留学している、私たちのNPO法人のスタッフの女性にも付き合ってもらって、プラド美術館を訪れました。
団体客などは、バスの駐車場が近いゴヤ門から入るのが一般的で、ゴヤ門はだいたい行列ができています。そこで、反対側のムリーリョ門から入るのが、いつものこととなっており、ゴヤ門の行列を横目に見ながら、正面のベラスケス門のところで写真撮影をして、ムリーリョ門に行きました。(ベラスケス門は、特別な場合以外閉門になっています。)
ムリーリョ門にも行列はありましたが、ゴヤ門ほどではなく、わりとすぐに入ることができました。
一人で見る時は、5時間くらい過ごすので、ゆっくりといろんな絵画を楽しむのですが、子供も一緒ということもあり、めぼしいものだけはきちんと見るというスタンスで鑑賞することにしました。
そこで、入ってすぐの彫刻群はとばして、イタリア絵画のところに行きました。ラファエロ、ボッティチェリ、ヴェロネーゼなど、懐かしい絵画を妻と息子に説明しながら、鑑賞しました。妻もフラ アンジェリコの受胎告知には、なかなか感銘を受けたようで、写真など撮っていました。(プラド美術館は、フラッシュをたかなければ、撮影はOKです。)

(上の写真は、フラ アンジェリコの「受胎告知」です。)
その後、奥の方へと足を伸ばし、パティニールやボスなどを見ました。ボスの代表作「快楽の園」は、相変わらずの人気ぶりで、人だかりができていました。
グレコの部屋はさっと流して、2階に上がり、カラバッジオや他の数々の名画の群れを少しだけ説明しつつ、足はベラスケスの部屋へと一直線。3年ぶりに再会した「ラス メニーナス」の中のマルガリータ王女は、ちっとも成長していなかったが、再び出会えたことに無上の喜びを感じた。そう、ただこの一瞬のためだけに、今回の旅行に来ることを決めたのではなかったのか。と自分自身に問いかけたくなるような気持ちが湧き上がってきた。マルガリータ王女の脇に控えるイサベルちゃんとマリアちゃん。ニコラシート少年とマリ バルボラなども良い味を醸し出している。ベラスケスは言うに及ばず、鏡の中に映るフェリペ4世とマリアナ王妃の姿など、この絵の前に立つと17世紀の王宮に紛れ込んでしまったかのような気持ちになります。

(上の写真が「ラス メニーナス(女官たち)」(部分)です。)
ルカ ジョルダーノにより「絵画の神学」と言われ、ピカソがこの絵をモチーフに58点もの連作を生み出した(その多くはバルセロナのピカソ美術館蔵)ことなどを引き合いに出すまでも無く、この「ラス メニーナス」が傑作であることは、疑いようのない事実で、ただ、この空間にいられることへの感謝の気持ちで一杯になりました。
「ラス メニーナス」以外にも、ベラスケスの傑作がありますので、それらを順番に鑑賞していると、息子がぐずってきたため、一旦絵画鑑賞は中断し、地下にあるレストランに行きました。プラド美術館の地下には、カフェとレストランがあって、休憩することができます。そこで軽食をとって、再び、鑑賞を始めました。ゴヤのカルトン(タペストリーの下絵)の一連の作品を見た後、ムリーリョ、リベラなどを見ました。また、先日上野で開催されていた「プラド美術館展」に来ていた「夏(El Verano)」のマエーリャの残りの作品、「春」「秋」「冬」がありました。現在は、大阪でこのプラド美術館展が開催されています。
結局、息子がぐずってしまったので、私としては消化不良のままプラドを後にしましたが、それでも2時間半くらいは鑑賞することができました。
今にして思えば、ルーベンス、ブリューゲルなどは、ほとんど通過してしまいましたし、その他にも、多くの絵画を流してしまいました。残念ですが、次回のお楽しみとしたいと思います。私にとっての12回目のプラド訪問は、やや物足りなさを感じましたので、ぜひもう一度と思いますが、さて、いつになることやら。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(1)  コメント(0)
2006'07.26.Wed

スペイン旅行4:トレド

今日は、トレドについてご紹介します。
私が初めてトレドに行ったのは今から8年ほど前になります。そして今回が4回目だったのですが、やはりここの街並みはサラマンカの次くらいに素晴らしいと思います。
タホ川に囲まれた小さな街は、エル グレコの絵画そのままに、現在も変わらぬ美しさです。実は以前にも宿泊したのですが、トレドのパラドール(スペイン国営の宿泊施設)に今回も宿泊しました。
とても最上階のとても眺めの良い部屋で、テラスからはトレドの街並みが一望できました。

この写真の景色が自分の宿泊している部屋から見えるというのは、とても贅沢な気分になります。また、朝も何故か目が覚めると、ちょうど日の出の時刻で、朝の赤い光を受けた家々が、何百年の時の流れを感じさせてくれました。その時、パラドールのテラスも朝日を浴びて真っ赤になっていました。(下の写真)

もうこれだけでもトレドに来たかいがあったというものです。
今回は、1歳4ヶ月の息子が一緒だったこともあり、グレコ美術館などには入りませんでしたが、サントトメ教会を外す訳にはいかず、立ち寄りました。ここには、エル グレコの傑作「オルガス伯爵の埋葬」があります。以前はグレコの絵はあまり好きでは無かったのですが、どういう心境の変化か、最近はそうでもないようになりました。
ただ、私はどちらかと言えば、「オルガス伯爵の埋葬」よりも、エル エスコリアルにある「聖マウリティウスの殉教」の方が、好みかなぁと思います。
普通にトレドを半日や一日観光しただけでは、あまり立ち寄ることのないSan Juan de los Reyes教会に初めて行きました。ここは、イサベル女王が建築を命じたということらしく、2004年に彼女の死後500年を記念したタイル画が制作され、入り口の脇に飾られていました。外側のゴシック様式も素晴らしく、また、回廊部分の天井のムデハル様式もなかなか見ごたえがありました。

先日も書きましたが、マドリードからAVEが開通したことで、30分で行けるトレドは、観光地としては、最適なのかもしれません。
Categorie未分類
トラックバック(1)  コメント(0)
2006'07.23.Sun

料理講習会:サルモレホ

今日は、今度の料理講習会で作る予定のサルモレホ(Salmorejo)をご紹介します。

サルモレホと言われても、あまりピンと来ない方が多いのではないかと思います。日本では、あまりメジャーではないですし、スペインでも、メジャーかというと、やっぱりメジャーではないのではないかと思います。
サルモレホというのは、コルドバの郷土料理で、コルドバに行くと、やっぱりよく見かけます。セビーリャなどでも、たまに見かけますけどね。
さて、そのサルモレホとは、一体どんな料理かと言うと、トマトの冷製スープです。トマトの冷製スープ?それってガスパチョじゃないの?と思われた方、確かにサルモレホとガスパチョは近いです。
サルモレホとガスパチョの違いを簡単に説明すると、ガスパチョには、ピーマンや玉ネギ、キュウリなどのトマト以外の野菜を入れますが、サルモレホには、トマトとニンニク以外は入れません。それと、ガスパチョには、パンはあまり沢山は入れませんが、サルモレホには、沢山のパンを入れます。大きな違いはそんなところでしょうか。

ということで、こちらの写真をご覧下さい。


このピンク色のスープがサルモレホです。ゆで卵を細かくしたものを載せて食べることが多いです。隣のステーキは、イメージなので、料理講習会とは関係ありません(笑)。

作り方は、先程ちょっとガスパチョとの比較で触れたように、トマトとニンニク、パンをミキサーでよく混ぜ、オリーブオイル、ワインビネガー、塩で味付けするという簡単なもの。簡単ですが、やっぱり美味しい!
そんなサルモレホ、ぜひご賞味あれ。


Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'07.23.Sun

スペイン旅行3

さて、3回目の今回は、旅行で見つけたちょっと面白いものをご紹介しましょう。

下の写真、なんだか分かりますか?


そう、今話題のエレベーター会社、シンドラー社です。
ちょうど泊まったホテルの窓から見えました。そう言えば、世界では第2位のシェアとかって言ってましたよね。
実は、今回の旅行で行ったトレドのパラドール(国営の宿泊施設)では、シンドラーのエレベータでした。重いトランクなどもあったので、使わない訳にもいかず、使っていましたが、結構な年代物で、特に問題はなさそうでした。

それから、セビーリャのトリアナの市場にあったエスカレーターも、シンドラーでした。ホームページで見ると、エスカレーターのシェアは、世界1位らしいです。まぁ、エスカレーターなら、閉じ込められることはないでしょうから、そんなに心配しなくても良いのでしょうが。

さて、シンドラーネタはこのくらいにして、次は、この写真をみてください。


なんだ、AVEか。そう、AVE(スペイン国営鉄道RENFEの高速列車)です。ただ、今までメジャーだった、セビーリャ-マドリード間でも、バルセロナまではまだ開通していないけど、マドリードからリェイダ間を通っている路線でもありません。
実は、マドリード-トレド間のAVEなのです。以前はバスや列車で1時間ほどかかっていたマドリード-トレド間ですが、このAVEのお陰で、30分で到着です。
マドリードはアトーチャ駅から出発するので、なかなか便利です。

他にも紹介したいものが沢山あるのですが、今日はこの辺で。

Categorieスペイン雑感
トラックバック(1)  コメント(0)
2006'07.20.Thu

スペイン料理講習会の申込み締め切りました

昨日このブログでも紹介しました、スペイン料理講習会は、好評につき、申込みが定員に達してしまいました。
申し訳ありませんが、申込みを締め切らせていただきます。

今回残念ながらご参加いただけなかった方は、次回をお楽しみに。

料理の紹介は、また改めて。
Categorieスペインニュース
トラックバック(1)  コメント(0)
2006'07.18.Tue

スペイン料理講習会のお知らせ

次回のイベントは、「スペイン料理講習会」に決定しました。

詳細は以下の通りです。
日時:2006年8月27日(日)13時30分~17時00分
場所:新宿区牛込箪笥地域センター 4階
参加費:2500円(材料費・保険料込み)

今度の料理講習会の内容は、前回好評だったタパスの第2弾です。
スペインと言えばバル。バルで食べるものと言えばタパスです。
(まぁ必ずしもそれだけではない楽しみ方もあるのですが...)

日本語では「タパス」と言いますが、これはもちろん複数形。ですので、一つなら「タパ」です。
バルで言うときは、「ウナ タパ デ ○○, ポルファボール」と言えば、○○が小皿に盛られて出てきます。まぁ、そんな事は置いておいて、今回作るタパスは、全部で5品。
そんなに作れるの?という声もありそうですが、今回作るタパスは、料理がとても簡単なものばかりですので、問題ありません。料理が苦手な方でもOKです!

今回の私のイチオシ料理は、「ピミエント アサド」です。
日本ではあまり知られていないので、それ何?と言われそうですが、スペインのバルではとてもメジャーなタパスの一つです。
ピミエントと言うのは、「ピーマン」のことで、「アサド」というのは、「焼いた」という意味です。直訳すると、「焼きピーマン」と、あまり美味しそうな響きでは無くなってしまいます。しかし、実のところ、スペインのピーマンというのは、日本のピーマンに較べて、すごく大きくて、肉厚なのです。よく使われるのは、赤ピーマン(日本ではパプリカとして売られています)ですが、緑のピーマンを使ったり、色合いに、赤と緑を混ぜていたりします。
この赤ピーマンの大きさは、写真を見ていただければと思います。


さて、このピーマンをどうやって食べるかというと、オーブンで焼いてから、オリーブオイルとワインビネガーなどで漬け込んで食べるということになります。ただそれだけなのですが、これが美味しいんです。ジューシーな味わいは、とてもピーマンとは思えません。この味わいを日本で再現できた時には、私は本当に嬉しかったのを覚えています。
この時の感動を皆さんにも味わっていただきたいと思っています。


他の料理については、また書きます。
どんな料理を作るのか知りたいとか、料理講習会に参加したいという方は、ホームページの方を見てください。
「スペイン料理講習会のページ」

他にも、サラマンカで食べたあの味を再現したタパスや、コルドバで食べたあの味など、いろいろなタパスを作る予定です。

Categorieイベント情報
トラックバック(1)  コメント(0)
2006'07.15.Sat

スペイン旅行2

さて、2回目の今日は、変わった部分ではなく、変わらない部分についてご紹介しましょう。
いくら工事などをしても、基本的には、あまり変化を好まないのがスペイン人ではないかと思っています。特に古くからあるようなものは、そのまま残していくことが多いようです。また、観光立国としては、古い建造物などの観光資源をそのままの形を保っていくということは、重要な政策の一つでもあります。
古い街並みは、ほとんど変わりません。今回訪れた旧市街の様子も、以前とほとんど変わらず、まして、カテドラルや黄金の塔などは、400年以上の年月、ほとんど変わることなくその姿を留めています。


写真は、グワダルキビール川沿いに立つ黄金の塔です。セビーリャは海には面していませんが、幅の広いグワダルキビール川を船が通れるため、アメリカ大陸からの荷物は、セビーリャで下ろされました。その当時の守りをしていたのが、この黄金の塔です。そのために、このグワダルキビール川沿いに立っています。


上の写真は、昨日紹介した観覧車から撮った写真ですが、こんな綺麗な姿を上から見られるというのは、嬉しい限りです。そのカテドラルには、以前からコロンブスの遺骨が保管されているという立派な棺がありましたが、今年は、コロンブスの没後500年記念ということで、特別に棺の中に入っている遺物の入っているという箱が展示されていました。コロンブスは、ご存知の通り、1492年にアメリカ大陸を発見し、その後のスペインの黄金世紀の立役者となった人物です。そのコロンブスが亡くなったのが1506年の5月20日で、今年はちょうど500年に当たるというわけです。


さて、変わらないというのは、こういった歴史的なものばかりではなく、庶民の生活にしてもそうです。一日5回食べるという食事の習慣も変化はありません。
私たちは、今回観光客として行ったので、同じようにはしませんでしたが、どうしても朝ゆっくりになりがちで、10時ごろカフェやバルで朝食をとろうとすると、一般のスペイン人の2度目の朝食の時間と重なりました。
バルでの朝食は、カフェ コン レーチェ(ミルクを入れたエスプレッソコーヒー)となんらかのパンと相場は決まっています。パンについては、人それぞれで、ボージョと呼ばれる、フランスパン生地で作った小さいパンをトーストしたものや、クロワッサン、ボージョにチーズや生ハムなどを挟んだものを食べる人もいます。

上の写真のようなバルでの朝食は、観光客用の内装の綺麗なカフェとは違って、気楽で、近くの人とも話の弾む陽気なものです。料金も、綺麗なカフェの半分くらいで済んでしまうので、お得です。どちらが好みかは、人それぞれでしょうが、暮らしていた身からすると、やっぱり写真のような頑固親父風(笑)の人がやっているバルでの食事の方が私は好きです。

そうそう、朝食と言えば、チューロも食べました。日本でもたまに見かけることのある、揚げパンですが、日本で見かけるものよりも太いものがセビーリャでは好まれています。私などの感覚からすると、朝から揚げパンを食べるなんていうのは、ちょっときついですし、ましてやそれをチョコラテ(チョコレートを少量の牛乳で溶かした濃いココアのような飲み物)に浸して食べるのは、全くもって不可能な相談ですが、やっぱり一口くらいは食べても良いかなぁということで、少しだけ食べました。(チョコラテはなしでしたが)


こんなところも、変わらないところだなぁと感じてしまいます。もちろん、ヨーロッパのフライパンと言われるセビージャの暑さも、変わりなく、7月上旬でも昼間は38度くらいありました。ただ、日本と違って湿度が高くないため、昼間でも日陰に入れば、そんなに暑さを感じることもなく、朝晩は20度程度で、とても過ごしやすいので、日本の夏とは比較にならないくらい楽です。

Categorieスペイン雑感
トラックバック(2)  コメント(0)
2006'07.15.Sat

スペイン旅行1

実は、7月の上旬に10日間ほどスペインに行ってきました。
3年ぶりのスペインは、様々に変化しており、なかなか興味深いものがありました。
何回かにわたって、今回のスペイン旅行について、お伝えしていきたいと思います。

今回の旅行の概略は、以下の通りです。
1日目 成田から、ロンドン経由にてセビーリャへ(日本からスペインへは直行便はありません。)
2日目~4日目 セビーリャ観光、最終日はAVEでトレドへ
5日目 トレド観光(トレド1泊)
6日目~8日目 マドリード観光(1日日帰りでセゴビア観光)
9日目~10日目 マドリードから、ロンドン経由にて成田へ

あまり多くの都市を回らなかったのは、1歳4ヶ月の息子も一緒に行ったからです。
妻と3人での旅行でしたが、やっぱり小さい子連れだと、なかなか大変でした。

まず、今日は、スペインに行って変わったところを一つご紹介しましょう。
3年前にも旅行で行ってますし、4年前には数ヶ月間住んでいた街セビーリャ。セビーリャの空港からタクシーで市内に入ろうとすると、あちこちにクレーンがあって、工事をしている様子。さらに、街中に入ると、それこそ至る処で工事工事工事。主要な道路や広場でも工事をしている有様。カテドラル前のメインの大通りであるAv. Constitucionも、写真の有様でした。

これらは、METROが開通するための工事が主なものになります。また、一部は、広場の地下に駐車場を作っていたりもするらしいです。METROについては、こちらのホームページを参照していただけると、詳細が分かるのですが、とりあえず完成予定の1号線は、全長が18.9Kmで、23個の駅があるようです。METROと言っても、地下を走るのは半分くらいで、半分くらいは、地上を走るようです。
http://www.metrodesevilla.net/

さて、タクシーの運転手にそんな話を聞きながら、ホテルに到着。夜の9時なのに、まだ明るいのは、やっぱりスペインだなぁって感じます。

工事もそうですが、友人から聞いて知ってはいましたが、見てビックリだったのが、スペイン広場近くの公園に新しくできた観覧車です。


こんなものができていたとは。
フェリアなどの際に臨時で設置される観覧車と違い、しっかりとしていて、空調機能まで付いています。まだ調整中なので聞けませんでしたが、各国語のガイドも聞けるとか。一応日本語の印もありました。ただ、いつになったら、聞けるようになるかは不明ですが。

スペインの観覧車に乗ったことのある方はご存知のことと思いますが、日本の観覧車と一番違うのは、回るスピードが速いということ。日本の観覧車の場合、観覧車が止まることはなく、ゆっくりと動いているゴンドラに、さっと飛び乗るという感じで、一周したら降りるというのは、暗黙の了解になっていると思います。しかし、こちらの観覧車は違います。今回のセビーリャの観覧車の場合、ゴンドラの数は42。これが乗客が乗る際には、一旦回転が止まります。そして、下の方にある、7つのゴンドラだけ乗降するようになります。そして、7つのゴンドラの乗客が入れ替わったら、観覧車を少し回転させて、別の7つのゴンドラの乗客を乗降させます。そのようにして、6回乗降をすると、全てのゴンドラの乗客が入れ替わることになります。そうしたら、いよいよ回転開始で、日本の観覧車よりもずっと早いスピードで回転します。通常3~5回転はすると思います。セビーリャの観覧車も4回転くらいしたように思います。そして、回転が終わると、先程と同様に、乗客の入れ替えをします。
私たちが乗った時は、昼間でお客さんが少なかったため、全てのゴンドラに乗客を乗せなかったため、この乗降の手続きは、2回しかしませんでしたが、混んでいるときは、こんな感じになります。知らないで乗ってビックリするのは、自分が乗って動き出したと思ったら、上の方で突然観覧車が止まってしまうこと。日本の観覧車に慣れている人は、故障したかと思って恐怖を味わうかもしれないので、ご注意を。
上の方で止まるというのも、なかなか悪くありません。止まってくれるお陰で、ゆっくりと外を見られるし、写真だって動いている時だと、上手く撮るのが難しいですが、止まっていれば、綺麗な写真が撮れます。


これは、その止まっている時に撮った、隣のスペイン広場の様子です。こんな上からスペイン広場を見られるなんて、結構お得です。カテドラルももちろん綺麗に見れました。
セビーリャに行ったら、スペイン広場を見学した帰りに、ぜひ乗ってみることをお勧めします。
今回はこの辺で。

Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'07.10.Mon

ローマ法王スペインへ

ローマ法王 ベネディクト16世がスペインの東の都市バレンシア入りしました。
現在のローマ法王になってから、スペインにローマ法王が訪れるのは初めてです。「el V Encuentro Mundial de las Familias (EMF)=第5回世界家庭大会」のためということで、以前から来訪は決まっていたようですが、カトリックの国スペインに法王が訪れるというのは、国としてもとても嬉しいことです。
ただ、先日起こったバレンシアでの地下鉄列車事故については、何か因縁めいたものを感じてしまいます。

Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
2006'07.10.Mon

ナダル準優勝

先日もお伝えしました、ナダルですが、ウィンブルドンでは、準優勝でした。
クレーコートの王者、ナダルが、芝の王者フェデラーに挑んだ形となりました。世界ランキングでも、1位と2位の戦いとなったウィンブルドンの決勝は、先日の全仏(クレーコート)の決勝と同じ顔ぶれ。スペイン人としては、40年ぶりのウィンブルドンの決勝に進出したナダルですが、結局フェデラーの前に負けてしまいました。
しかし、ナダルは、第1セットこそ、簡単に落としたものの、第2セット、第3セットはタイブレークに持ち込み、ほとんど接戦となり、優劣付け難い状況。
まだ20歳のナダルは、40年ぶりのスペイン人のウィンブルドン優勝という夢はもう少しのところで、とどきませんでしたが、この若さですから、これからももっとプレーを進化させて、活躍していって欲しいところです。

Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。