--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'09.02.Tue

「静物画の秘密展」に行ってきました。

国立新美術館で開催中の「静物画の秘密展~ウィーン美術史美術館所蔵~」を見に行ってきました。
7月2日から9月15日の開催期間だったので、早めに行きたかったのですが、仕事がいろいろと忙しかったこともあり、ようやく金曜日の夜間に行くことができました。(通常18時までなのですが、金曜日は、20時までやっています。)
17時半ごろに到着したのですが、思ったとおり混雑しておらず、ゆっくりと鑑賞できました。
今回の目玉はもちろんベラスケスの「薔薇色の衣装のマルガリータ王女」です。

Margarita02

この作品は日本初公開ということで、ウィーンに行った事の無い私にとっては、初の対面です。ドレスや胸元など、随所に素晴らしいベラスケスの筆遣いが見られ、しばらく見とれてしまいました。
やや離れた位置から見たときに、まるでその空間に自分が迷い込んだような気分になるのは、プラド美術館のラス メニーナスに近いような感覚さえありました。しばらく見ていると、本当に17世紀のマドリードにいるような気になってしまいます。
もし、まだご覧になっていらっしゃらないようでしたら、是非国立新美術館まで足を運ばれることをお勧めします。こんな絶好の機会は二度とないかもしれません。
ベラスケスは、この1点のみですが、他にも、P.P.ルーベンスの「チモーネとフィジェニア」(デカメロンの中に出てくる1話)や、花のブリューゲルで有名なヤン・ブリューゲル(父)の「青い花瓶の花束」など、プラド美術館でも御馴染みの画家の作品も展示されています。
 ...READ MORE?
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。