--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'02.28.Tue

イベント「プラド美術館の絵画」終了しました

26日に開催した、文化セミナー「プラド美術館の絵画」、盛況のうちに終了いたしました。

スペインの歴史に始まり、3月25日から上野で開催される「プラド美術館展」で来日する絵画の数々について、ご紹介いたしました。

歴史については、プラド美術館やその絵画、画家に関する部分に絞ってお話をしようと思ったのですが、そこは深い歴史を持つスペインのこと、それでも幅広くお話をしなければならず、改めて、美術と歴史の関係の深さに驚くばかりでした。
中でも、イスラム教徒との戦いの歴史や、カール5世、フェリペ2世父子、またフェリペ4世の時代などは、はずすことのできない重要な部分で、できるかぎり分かりやすく説明したつもりですが、どこまで伝わりましたでしょうか。

また、第2部の絵画の紹介では、多少クイズも交えながら、今回来日する絵画の一部をご紹介しました。今回来日する目玉とも言えるムリーリョの「貝殻の子供たち」や、ベラスケスの「ヴィラ・メディチの庭園、ローマ」、スルバランの「ボデゴン(厨房画)」などを中心に、ティツィアーノ、エル グレコ、ゴヤ、ルーベンスなどの28作品をご紹介しました。

最後には、クイズ大会ということで、初対面の方同士仲良くチームを組んでいただいて、チーム対抗で、クイズに答えていただきました。簡単なクイズから難しいクイズまでいろいろ出題したのですが、皆さんよくご存知で、拮抗した戦いとなりました。
優勝したチームの方々には、上野で開催される「プラド美術館展」の招待券を賞品として差し上げました。また、それ以外の方の中から3名の方に抽選で同様の招待券を差し上げました。

13時30分から16時50分くらいまでの長丁場ではありましたが、その時間が短く感じられるというお言葉も参加者の方からいただきました。
確かに、休憩を挟んでとは言え、3時間以上に渡るお話で、詰め込み過ぎではないかという気もいたしますが、それでも全然足りないというのが、我々スタッフの気持ちです。
もっともっと、色々な事を知っていただきたいと思っています。

今回は、本当に有難うございました。
スポンサーサイト
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。