--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'01.31.Mon

映画「狂女王フアナ」

今日は、家で映画でも見ようということで、映画「狂女王フアナ」のDVDをレンタルしました。
本当は、映画館で見たかった映画なのですが、残念ながら公開当時はいろいろと忙しく、見られなかったので、ちょっと楽しみにしていました。
さて、内容は、タイトルの通り「狂女王フアナ」= Juana la loca の話です。フアナというのは、レコンキスタを完了させ、コロンブスの新大陸発見をたすけたカトリック両王の娘で、後にスペイン(カスティーリャ王国&アラゴン王国)の女王にもなる人です。
まぁ、詳しい内容を書いてしまうとこれから見る人に申し訳ないので、あまり書きませんが、スペインで一般的に解釈されているフアナ像を曲げることなく描かれていたように思います。
逆に言えば、15~16世紀のスペインの歴史に精通している人は、見る必要がないかもしれません。また、スペインの歴史を全く知らないと、それはそれで、内容がさっぱり分からないと思います。
たぶん対象としては、スペインの歴史を普通くらいに学んだスペイン人向けということなのかなぁっていう気がしました。
でも、私はそこそこ楽しめましたよ。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back
映画「狂女王フアナ」。
最近、偶然にも「ハプスブルグ一千年(中丸明著)」という本を読み、狂王女ファナのことを知りました。狂って塔の一室に幽閉されながら、最後まで(何故か)夫に女王の座を譲らなかった女性だとか。
夫フィリップは作中で「もうハッキリ言うが、このバカは…」と表現され、王女自身は著者に「正直に白状するが、自分はこの狂王女に恋している」と告白され…、何とも印象的な人でした(笑)
王女とはいえ、深窓の令嬢にあらず、むしろ田舎暮らしが長かったとかで、
訪ねてきた母親(イザベラ女王?)に対し、令嬢にあるまじき豊富な語彙力(ココでは書けない、辞書にも載ってないような下品な言葉の数々)をもって、叫び散らす形でご挨拶したとか。
映画は未見ですが、今度レンタルしてみます。

あほみつ:2005/02/03(木) 15:37 | URL | [編集]

こんにちは。
中丸氏の本を読んでたんですね。さすがです。
なお、女王の座を最後まで譲らなかったのは夫にではなく、息子にです。
フアナの息子があの有名な神聖ローマ皇帝のカールV世です。なお、フアナの母はイサベル(コロンブスの新大陸発見を援助したことで有名な)ということで、親も子も有名なフアナでした。
この映画を見ると、その狂気のほどと、スペイン人の彼女に対する想いのようなものが分かるのではないかと思います。
でも、別に敢えて見るほどのことはないような...

af1pro:2005/02/04(金) 00:52 | URL | [編集]

カールⅤ世の母。すっかり忘れておりました(焦)。
カールⅤ世と聞くと、なるほど神聖ローマを思い出すのですが、かの英明な皇帝は、スペイン王も兼ねてたんですよね。
ヨーロッパ史の面白さというか、難しさというか…。
最寄のTSUTAYAのお勧め(?)外国映画コーナーにて発見しましたが、
河村さんの「敢えて見るほどのことはないような…」が脳裏をよぎり、今回は見送りました(笑)

あほみつ:2005/02/07(月) 18:19 | URL | [編集]

残念。いや、よかった。
まぁ、見なくて正解でしょう。
ところで、カールV世という呼び名、私にはどうもしっくりこないのです。
よく日本の書物には、カールV世=カルロスI世なんて書かれています。確かに、スペインの王としては、カルロスという人は初めてだったので、I世になるわけで、神聖ローマ皇帝としては、カールは5人目なので、カールV世。それは分かるのですが、スペインでは、カールもカルロスも、Carlosと表記されるわけで、違いはないのです。そして、CarlosVは、スペインでは、「かるろす きんと」と呼ばれます。つまりカルロスV世なわけです。人の呼び方は、本当に難しいと感じます。イギリスのチャールズ皇太子って日本では言いますが、彼もスペインでは、カルロスですし、フランスのシャルルもカルロスです。つくづく難しいなぁと感じてしまいます。
何の話だったか...

af1pro:2005/02/09(水) 01:32 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。