--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'02.03.Thu

ローマ法王入院

"El Papa"(エル パパ)こと、ローマ法王のヨハネ パウロII世が入院しました。
以前からパーキンソン病を患い、決して体調が良いとは言えない状況でした。
スペインでもトップニュースですが、大変心配です。
カトリックの総本山であるバチカンの今後の動きなど、現法王に万一のことがあると、今までとは異なることがあるかもしれず、日本人からしたらたいしたことではないのですが、スペインから見ると、相当に重要な事項です。
「変化」を受け入れる準備をしておく必要があるのかもしれません。
ただ、今はヨハネ パウロII世の回復を祈りましょう。

スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(3)
Next |  Back
ヨハネ パウロⅡ世猊下といえば…
中学校1年で買った英和辞書を思い出します。(巻末の資料部分に、お写真が載っていたため)
最近、避妊をめぐる発言で御姿を拝見いたしましたが、記憶にある像と全くお変わりがないことに驚きました。そのせいか、あと20年くらいは御健在であろうと勝手に思っておったのですが…。
一刻も早いご回復を祈念いたします(祈る先は宗教違いですが)。

あほみつ:2005/02/03(木) 15:59 | URL | [編集]

今日のニュースでは、数日の後に退院できる見通しとのことでしたが、さて、どうなることやら。ことローマ法王の周辺では権力争いが絶えず、こうういうことには嘘をつくことも辞さない方々のようですから。
誰が後を継ぐかは非常に重要な問題です。たとえ一旦は退院したとしても、派閥争いは激しくなっていくに違いありません。
今世界でアメリカ大統領に唯一まともに話ができるのは、国連ではなく、ローマ法王なのではないかと思いますし、現在の世界情勢を鑑みても、非常に興味のあるところです。

af1pro:2005/02/04(金) 00:57 | URL | [編集]

ローマ法王の周辺でで派閥争い…。
全くイメージですが、もの凄く高いレベルでの権謀術数合戦が行われてそうです(笑)。
またスパイ小説だと、法王の影武者が登場しそう(←バカでスミマセン)。
確かに、ブッシュの支持基盤にはカトリック層があるわけで、猊下にはブッシュの手綱をしかと握っていただきたく思います。
本日の新聞にて、病院から元気な姿をアピールされる猊下のお姿を拝見いたしました。重ねて、ご回復を祈念。

あほみつ:2005/02/07(月) 18:13 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。