--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.23.Sun

料理講習会:サルモレホ

今日は、今度の料理講習会で作る予定のサルモレホ(Salmorejo)をご紹介します。

サルモレホと言われても、あまりピンと来ない方が多いのではないかと思います。日本では、あまりメジャーではないですし、スペインでも、メジャーかというと、やっぱりメジャーではないのではないかと思います。
サルモレホというのは、コルドバの郷土料理で、コルドバに行くと、やっぱりよく見かけます。セビーリャなどでも、たまに見かけますけどね。
さて、そのサルモレホとは、一体どんな料理かと言うと、トマトの冷製スープです。トマトの冷製スープ?それってガスパチョじゃないの?と思われた方、確かにサルモレホとガスパチョは近いです。
サルモレホとガスパチョの違いを簡単に説明すると、ガスパチョには、ピーマンや玉ネギ、キュウリなどのトマト以外の野菜を入れますが、サルモレホには、トマトとニンニク以外は入れません。それと、ガスパチョには、パンはあまり沢山は入れませんが、サルモレホには、沢山のパンを入れます。大きな違いはそんなところでしょうか。

ということで、こちらの写真をご覧下さい。


このピンク色のスープがサルモレホです。ゆで卵を細かくしたものを載せて食べることが多いです。隣のステーキは、イメージなので、料理講習会とは関係ありません(笑)。

作り方は、先程ちょっとガスパチョとの比較で触れたように、トマトとニンニク、パンをミキサーでよく混ぜ、オリーブオイル、ワインビネガー、塩で味付けするという簡単なもの。簡単ですが、やっぱり美味しい!
そんなサルモレホ、ぜひご賞味あれ。


スポンサーサイト
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。