--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.06.Wed

新宮誕生:スペインでの報道は?

今日、日本では秋篠宮家に親王殿下がご誕生になったことで、祝賀ムード一色となったわけですが、そんな日本の様子などは、スペインではどのように伝えられたのでしょうか?
 まず、ネット版El Mundo紙では、ご誕生から約1時間後の9時半ごろには、トップページにご誕生のことが掲載されていました。日本の9時半ということは、スペインでは午前2時半という深夜。この時間は、いくらネット版とは言え、記事の更新はそれほど頻繁ではないのですが、そこに入ったということです。これは、なかなかの扱いかと思います。
 内容も、皇位継承のことにまで触れたもので、事前に用意されたものであることは確かですが、思ったよりもちゃんとした内容でした。
 その後、El Mundo紙の第2報では、小泉首相の言葉と共に、「安倍官房長官」が、ほぼ次期首相に間違いない人として紹介され、その言葉も紹介されていました。スペインからは、こんな風に見られているんですね。
 また、El Pais紙(ネット版)でも、41年ぶりの皇室に男子誕生の記事が、掲載されていました。ただ、El Mundo紙に較べると、やや掲載され方は小さいようでした。
 一方、20Minutos紙(ネット版)でも、ご誕生のことに触れられていましたが、先程確認したら、「愛子さま、いとこ誕生で皇位継承権を失う」という見出しに変わっていました。確かに皇室典範改正の議論は、急を要さないという流れになり、結果的には、20Minutosの見出しの通りということは言えるでしょう。それにしても、スペイン語で書いてあっても、ちょっとショックな見出しでした。しかも、愛子さま一人で映っている写真と雅子さまと愛子さまが映ったの写真が掲載されています。日本の新聞では、こういう書き方はしないし、できないだろうなぁと思います。
 まぁ、今回は、私がいつもチェックしている3紙についてご紹介しました。日本国内の新聞、テレビの情報以外で、日本のニュースを見るというのも、面白いですね。皆さんも是非、日本で大きなニュースがあったときには、海外メディアのニュースを見てみてください。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。