--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'04.09.Mon

セマナサンタ(聖週間)

今年は、4月1日から、セマナサンタ(聖週間)でした。
日本ではあまり馴染みがありませんが、キリスト教文化の国では、イエスの受難の日々を追体験することのできるこの時期は、非常に大切にされています。
もちろんカトリックの国スペインでも、当然のようにセマナサンタがあります。
s_santa1

この写真のような、三角帽子をかぶったナサレノと呼ばれる人たちが行列を作って、イエスやマリアの受難の様子を描いた御輿のようなものを担いでいきます。
スペインでは、特に、セビリアなどが有名で、観光客も、ヨーロッパ各国から訪れます。
実際にナサレノとなって歩く人にとっては、イエスの受難の追体験という要素の強い、宗教的な儀式ですが、観光客にとっては、そうでもないと言えるでしょう。まぁ、それは、日本のお祭りなどでも、本来は、神事だったりするものが、観光客にとっては、単なる被写体でしかないのと変わらないでしょう。
さて、ここで、セマナサンタのもうひとつの顔と言えば、旅行!
なぜ旅行なのかと言えば、この期間はお休みになるところが多く、1週間以上お休みをもらえるわけです。そうすると、信仰心の厚い人以外は、休みなのを良いことに、旅行に行ったりします。そりゃあ、遠方からわざわざ見に来る人もいますが、住んでいる人にとっては、市内の交通は滅茶苦茶になるこの時期、ちょっと住み辛い。しかも、子供の頃から毎年のように見ている行事なれば、見ることも無いということなのでしょう。
ということで、車で出かける人も多く、この時期の高速道路は渋滞します。また、事故も増え、今年のセマナサンタの時期の交通事故死者数は、90名を超え、昨年よりも悪化したとのこと。増加の原因は、分かりませんが、スペインでは、交通違反者に、日本と同じようなポイント制が導入されたばかり。このポイント制は、あまり評判が良くなかったのですが、セマナサンタの交通事故死者数も悪化したとなると、益々ポイント制の効果に疑問が生じることになるかもしれませんね。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back
事故死者数に関しては、セマナサンタが終了してみると、昨年より微増した程度で、ほとんど変わらなかったということのようでした。
セマナサンタの最初に大きい事故があって、死者数が増えたのが、大きかったようです。
今後、交通事故を減らすような対策が、さらに積極的にとられるようになると良いですね。

Salamanca:2007/04/09(月) 22:20 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2010/11/26(金) 15:36 |  | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。