--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'04.12.Thu

今期のNHKスペイン語会話は面白そう

4月5日より始まったNHK教育テレビの「スペイン語会話」ですが、今期は、語学だけでなくスペイン料理も同時に学べるという面白い企画のようです。
今までのスペイン語会話でも、文化を紹介するコーナーなどで、映画や音楽に混じってスペイン料理も紹介されていましたが、これだけ料理に特化して紹介するのは、珍しいのではないでしょうか?
スペイン料理好きな私としては、非常に嬉しい限りです。しかも、料理に使うスペイン語は、私にとっても馴染み深く、そちらも楽しめました。
また、会話としての料理部分だけでなく、スペインの食材や郷土料理なども別コーナーで紹介していく様子。こちらも、なかなか面白そうです。
第1回目の放送では、料理は「ソパ デ アホ」というニンニクのスープでした。ただ、材料として「ハモン セラーノ」を使用するとのこと。日本ではあまり手に入らない食材なので、その辺はちょっと疑問です。(日本では、手に入っても、薄切りにされた状態でパックされており、この料理に使うには難しいと思います。)
とは言え、私も、スペイン料理講習会のレシピを考えるとき、この日本で手に入りやすい食材かどうかは、いつも悩むところです。できる限り、日本で比較的簡単に手に入る食材のみで作れるように考えていますが、それゆえ制限も多くなってしまっています。放送では、毎回新しい料理を紹介していくということですから、「日本で手に入りやすい食材」にこだわっていては、メニューをそろえることが難しかったのでしょう。それと、本当の意味でのスペイン料理を紹介しようとすると、やっぱり「日本で...」というところには、目をつぶらざるを得なかったのでしょう。

ジンさんの紹介していた、オリーブの実は、私も大好きな食材です。日本では、一般的なオリーブの実しかなかなか手に入りませんが、テレビでも紹介されていたように、スペインでは、大きさ・色も様々で、もちろん味も色々とあり、とても楽しめます。
また、ジンさんが味較べをしていたオリーブオイルですが、2番目にハエン産のものを試していましたね。テレビでは、紹介されていませんでしたが、ハエン県というのは、オリーブ生産量が最も多い県です。ハエンに行くと、本当に見渡す限りオリーブの木です。
他にも、ガリシアの「タコのガリシア風」やアストゥリアスの「Fabada」(白インゲン豆の煮込み料理)など、有名な郷土料理も紹介されていました。

とりあえず、第1回目は、全体的に超が付くくらい有名な料理・食材ばかりで、まずは無難なスタートかなぁという気がします。
さて、これから、どんな料理・食材を紹介してくれるのか、楽しみです。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。