--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'04.15.Sun

タケノコとオリーブオイル

昨年も作ったのですが、今年もやっぱり作ってしまいました。
「タケノコのオリーブオイル炒め」


今年も昨年に引き続き、タケノコ掘りに行ってきました。今年は暖冬だったせいで、例年よりもタケノコの成長が早いということらしく、早めに行きました。

takenoko

ごっそりいただいたタケノコを前に、もちろん筍ご飯、筍のお吸い物、筍の煮物、筍とベーコンの炒め、筍の刺身、焼き筍と作ったところで、やっぱり「タケノコのオリーブオイル炒め」を作りました。本当はテンプラも作りたかったのですが、一人でいっぺんにはこれが限度。またテンプラはまた明日にでもということにしました。
ま、それは良いとして、ずらっとテーブルに並んだ数々のタケノコ料理で、一番美味しいと感じたのは、何故かタケノコのオリーブオイル炒めでした。うーん、味覚がやはりスペイン人だからなのか?と悩みつつ、美味しいものは美味しいということで、一番先に無くなりました。
その好評に力を得て、翌日再び作ったのですが、同じものを作るのも芸が無いということで、ニンニクを少し入れてみたのですが、これは、ちょっと失敗でした。ニンニクの香りが、タケノコのほのかな香りをぶちこわしてしまうため、調和がとれなくなってしまいました。
と、このブログを書くのに、昨年のブログをさっき見て、ビックリ、昨年もやはりニンニクをあえて使用しない旨、記載されていたではありませんか。とまぁ、こういうことで、ニンニクは使わない方が良いと思います。まぁ、タケノコが余っているなら、試してみても良いですが。(うちは、それでもまだ10本以上タケノコがあります...どうやって食べよう...)

さて、肝心のレシピですが、レシピというほどのことは無く、水で煮てあくをとったタケノコを薄くスライスして、水気を切り、オリーブオイルを入れたフライパンで軽く炒めるだけです。軽く焼き色た付いてきたところで、塩を適量ふれば完成。本当に美味しいので、ぜひお試しあれ。ただ、タケノコ自体が、とれたてで美味しいという素材を生かした料理でもあるので、スーパーで売られている水煮ではなく、できれば皮付きのタケノコから作った方が良いかもしれません。


タケノコとオリーブオイル


スポンサーサイト
Categorie未分類
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。