--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.04.Mon

F1 バレンシアで来年から開催

現在スペイン人のフェルナンド アロンソが活躍している自動車レースのFormula 1ですが、そのアロンソの活躍のお陰で、1年間にスペインで2回開催されることが決まりました。
今までは、バルセロナ近郊のMontomeloという場所で、スペイングランプリとしての開催のみでしたが、ヨーロッパグランプリという名称で、バレンシアでも開催されることになったようです。
この、国名を冠さないグランプリ名称は、かなり微妙で、その時代で一番儲かりそうなところで開催されるという慣習になっているようです。
かつて、ジャパンマネー全盛の頃は、パシフィックグランプリという名前で、日本でも2回開催していた時期がありました。また、ミハエル シューマッハーを筆頭にドイツ人が活躍していた時代には、ドイツでヨーロッパグランプリという名前で2回開催していました。
そして、今度は2連覇中で今年も活躍を続けているアロンソの母国スペインでの2カ国開催の決定です。
まぁ、商業的に重要な国を大事にするという姿勢は、ここだけでなく、随所に見られますし、別にそれを特別隠そうというものでもありません。EUの中でも経済的に重要な役割を担いつつあるスペイン。そして、アロンソの活躍によってF1にも相当のスポンサーが入ろうとしています。
そこへ、今回の2回開催決定。益々商業的には発展しそうです。
バレンシアサーキットは、以前からF1のテストなどで使用されることの多かったサーキットなので、有力チームは、そこそこ情報を持っていることと思います。
なにせ、ヨーロッパに拠点を持つチームが大半を占めるF1の世界。3月の開幕直前に完成したその年のニューマシンをテストするには、それほど遠くない範囲で、温暖な気候のサーキットが求められます。そんな理由から、スペインでは、よくテストが行われているのです。
ただ、バルセロナとバレンシアは、そんなに遠くない距離ですし、そういった2箇所での開催は、ちょっとつまらないかなぁという気もしてしまいます。
さて、アロンソ人気とF1人気。スペインでどこまで続くのでしょうか。アロンソは、以前3回ワールドチャンピオンになったら、辞めても良いというような発言をしたこともありましたが...もし、今年ワールドタイトルを取って、引退してしまったら、スペインのF1人気は下降線でしょう。ま、どうなるかは神のみぞ知るということでしょうか。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。