--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.10.Sun

ETA停戦破棄

6月5日にスペインの過激派テロ組織、ETA(バスク祖国と自由)から、1年以上(439日間)に渡って続けられてきた停戦協定を破棄すると声明が発表されました。
あくまで私見ですが、近々(1~2ヶ月以内)国内で爆弾テロが発生する可能性が非常に高いものと思われます。ただ、ETAは無差別な爆弾テロはほとんど行わず、通常、事前に報道機関などに通告がなされます。
爆弾テロを実施するとの通告があった場合、警察などが、その近辺の住民を退避させるように行動します。
ですので、スペインを旅行などしていて、もし、警察に退去を求められるようなことがあったら、素直に従い、すぐに避難するようにしてください。
昨年の一番の話題でもあったETAの停戦だったのですが、それが破棄されてしまったのは大変残念です。昨年末のバラハス空港での爆弾テロはあったものの、どちらかと言うと沈黙に近い状態だった訳ですが、やはり破棄されてしまうと、以前のように毎月テロが行われかねないと思ってしまいます。
ただ、ETAメンバーはかなりの数が逮捕などされ、また、バスク地方でも、支援者は急速に減ってきているため、力は弱まっているのではないかとの見方もあります。

いずれにしても、サパテロ首相の行ってきた対話重視のやり方は間違っていなかったと思うのですが、結果的には、残念なものとなりつつあるのかもしれません。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。