--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'10.22.Mon

F1:ライコネン総合優勝

自動車レースのFormula 1世界選手権で、なんと、ライコネンが優勝しました。先日このブログで、書いたとき、まさかライコネンが総合優勝の可能性がわずかにあるものの、本当に優勝するとは思っていませんでした。
最終戦ブラジルGPの結果は、ライコネン優勝、アロンソ2位、ハミルトン7位。その結果、総合ポイントは、ライコネン110点、ハミルトン109点、アロンソ109点という接戦になりましたが、わずかに上回ったライコネンが総合優勝ということになりました。

まさか1年を通じて戦った結果が上位3人で1ポイントしかないというのも、まれに見る結果でしょう。

結局スペイン人のアロンソは、総合3位(ハミルトンとは同ポイントですが、優勝回数は同じで、2位の回数がハミルトンの方が上回るため)となり、3連覇とはなりませんでした。しかし、移籍1年目でここまで結果を残したことは立派でしょう。まぁ、チームメイトのルーキーハミルトンが、デビュー1年目で同じポイントを獲っているので、そういう意味ではマクラーレンのマシン自体のポテンシャルが高かった(疑惑はありませすが)ということかもしれませんが。

アロンソのタイトルの可能性は?

アロンソは来期移籍するという話もあるので、マクラーレンでの走りはこれが最後かもしれませんが、やはりスペイン企業としては、アロンソの移籍先のチームに広告を出すことになるでしょう。

経済が好調なスペインですので、アロンソの活躍により、今後もF1への出資は続くかもしれません。それも楽しみです。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。