--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'12.17.Mon

観光立国スペイン?

先日、いつものweb版20minutosを読んでいると、面白い記事がありましたので、ご紹介します。
記事では、ユーロモニターで2007/10/11に発表された、2006年の旅行等の目的都市トップ150によると、スペインの100位以内に6都市が入ったとのこと。

さて、よくよく確認してみますと、全体での1位となったのは、ロンドンで、15.6百万人。以下、バンコク、パリ、シンガポール、香港と続いていました。

そして、スペインの都市のトップは、10位に入ったバルセロナ(4.6百万人)。経済都市であると共に、写真の有名なサグラダファミリアなどのガウディの建築群がある上、自動車レースのF1世界選手権のスペイングランプリも開催されることや、立地としても、飛行機だけでなく、陸路でフランス、イタリアからも来訪しやすく、地中海に面して、船という選択肢もあるなど、好条件が重なったことが、スペインでのトップにつながったのではないでしょうか。

サグラダファミリア


さて、その他の都市は、以下の通りです。
17位に首都のマドリード(3.9百万人)、マドリードは、首都であることや、交通の拠点であること、周辺にトレドやセゴビア、エル エスコリアル、アルカラなど、世界遺産などが多くあることも有利な点でしょう。
次は、33位にベニドルム(Benidorm)(2.4百万人)が入りました。あまり日本人には馴染みの無い都市ですが、ヨーロッパでのリゾート地として有名な都市です。イギリス人、ドイツ人、北欧人が沢山来ているということなのでしょう。
その次が60位のセビーリャ(1.2百万人)です。うーん、正直もう少し上の方でも良いのではないかと思ってしまうのですが、こんなもんなんでしょうねぇ。アンダルシアまではなかなか足を伸ばさないということでしょうか。
次がバレンシア(93位: 61.1万人)で、スペインの都市として6番目なのが、グラナダ(95位:60.6万人)でした。
バレンシアとグラナダがほぼ同じような訪問者数だった訳ですが、観光という点では、やはりアルハンブラ宮殿のあるグラナダに分があるように思いますが、海外から航空機で直接行けるバレンシアは、火祭りというスペイン3大祭り開催や、スペイン第3の都市という点もあって、結果的に同じくらいとなったのではないでしょうか。

トップ100に6都市入っているというのは、なかなかの観光立国と言えるのではないかと思います。(まぁ、観光だけではないでしょうが)

http://www.euromonitor.com/Top_150_City_Destinations_London_Leads_the_Way
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。