--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'03.10.Mon

総選挙結果速報(PSOE勝利)

3月9日は、スペイン総選挙でした。
ここ1ヶ月ほど、「9M」としてテレビ、新聞などを賑わせてきたわけですが、とうとう結論が出るということになります。
日本との時差があるため、投票の方は当然終わっていますが、開票の方は現在87%前後となっています。(現地時間9日23時過ぎ)

さて、気になる結果ですが、どうやらPSOE(社会労働党)がPP(国民党)を抑えて勝利したようです。
20minutosなどの事前アンケートでサパテロ氏(PSOE党首:現首相)がラホイ氏(PP党首)を上回っていたことから、PSOEやや有利かと思われていましたが、選挙直前の7日にETA(バスク祖国と自由:北部バスク地方の分離独立を求めて活動する過激派テロ集団)による元市議の殺害事件が起き、与野党の選挙集会が中止されるなど、不穏な空気のまま選挙に突入しました。
詳しい選挙結果については、開票終了を待つとしますが、PSOEはPPに勝利したとは言え、過半数には届かない模様です。前回(2004年)の議席数は上回りそうですが、それは、PSOEだけでなく、PPも同様で、サパテロ氏、ラホイ氏の事前の党首討論などの影響により、それぞれ票を伸ばし、2大政党以外から議席を奪ったようなイメージです。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。