--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'06.09.Mon

6月6日は?

6月6日に、普通にgoogleのページで検索をしようとしてビックリ。
下記のタイトル画像が出ているではありませんか。

ベラスケスgoogle


もちろんおわかりかと思いますが、ベラスケスの傑作「ラス メニーナス(女官たち)」です。ん~と考えること約5秒。6月6日はベラスケスの誕生日だと気付きました。しかし、仕事でほぼ毎日googleを使用していますが、毎日のように画像がでるという訳でもなく、画像が出るのはたまですよねぇ?
エイズデーなどの日にそれっぽい画像になっていたりするのは気付いていましたが、まさかベラスケスの誕生日に「ラス メニーナス」の画像になっているというのは、驚きました。1599年生まれですので、生誕409年と、中途半端な年数ですし、最近ベラスケスが話題になるような事件があったわけではないと思うんですが...
とは言え、この絵画がなければ、私がプラド美術館に十数回も通うことはなかたでしょうし、美術に対して現在のように興味を持っていたかどうかも怪しいかもしれません。そう考えると、私にとっては非常に重要なこの絵画。そんなことを考えた1日でした。

lasmeninas2


ちなみに、本当はこんな感じです。こうして見ると、googleの画像の方は、中央のマルガリータ王女とその左側で本来は水の入った杯を渡しているドニャ マリア アグスティーナ サルミエント(マリアちゃん)との間が空いています。それと、左端で絵筆を持つベラスケスとマリアちゃんとの間も微妙に間隔が開いている様子。その辺は、「Google」の文字を入れ込むために横幅を拡げたというところでしょうか。良く見ると、右端のニコラシート少年の右側の空間も元の絵には無い部分です。

こんな風な形でベラスケスの名画を宣伝してくれるなら、大歓迎ですね。
でも、このgoogleの画像を見て、何人の人が「ベラスケスの絵」だと気づくんでしょう。まぁ、興味を持って、画像をクリックすると、「ベラスケス」でgoogle検索した結果が表示されるようになっていたので、興味を持った人には、少しでも伝達する効果があったんでしょう。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。