--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'02.23.Wed

国民投票続報

20日に行われたEU憲法の是非を問う国民投票ですが、多くの州で圧倒的賛成多数だったのですが、カタルーニャ、バスク、ナバーラの3州は、賛成多数ではありましたが、いずれも62%~66%と、他の州に較べると低い賛成票となりました。この3州を除いて一番低かったのは、マドリードの74%でした。反対票が20%を超えたのもこの3州だけで、しかもカタルーニャが28%、ナバーラが29%、バスクに至っては33%という高いものでした。
これは、やはり、独立意識の高いカタルーニャとバスク(ナバーラもバスクの一部とみなして問題ないでしょう)にとって、EU憲法に対しては根強い反対意識が窺えます。
他のEU諸国は、軒並み今回のスペインでの結果が賛成多数だったことに対し好意的な反応で、一部反対派は、投票率の低さに対しての苦言を呈していますが、EU内でのスペインのこの一歩は大きいものと思われます。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。