--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'12.25.Thu

留学について

NPO法人として、スペインの文化普及という現在の仕事をしている中で、時々留学についての相談が来ることがあります。
私自身もスペインに1年間滞在していましたし、スタッフの多くも1年以上スペインに滞在していた経験があります。
そういった中で、スペインへの留学相談に応じる訳ですが、最近気になることがあります。
相談件数については、実はここ数ヶ月は、以前に較べると増えています。
明確な理由は分かりませんが、某留学仲介業者が破綻したことで不安に思う人が増えたことが関係しているのかなぁと思う程度です。
留学についての相談事項は、多岐に渡っています。
事務手続き的なことや、お金に関すること、渡航の仕方など。
ただ、残念ながら、都市の選定などについての相談はほとんどありません。
それは自分で決めるから良いことかもしれませんが、留学する上で非常に重要なポイントです。もちろん、スペインか、その他の国かという点も含めてです。
なぜ、都市の選定についての相談がほとんどないかというと、おそらくは、留学することそのものが目的となってしまっていること。これが原因だと思っています。
留学が目的になっている人は、留学しても、その後、うまくいかないケースが多いと思います。
明確な目的があればもちろん良いですが、そうでなくても、留学中に何をして、それをもって、留学後に何をしたいと思っているのか。事前にそういったことをある程度でも考えている人とそうでない人とでは、留学中に得られるものが全く異なってきます。

また、1年以上の長期間滞在することを考えている若い方は、留学仲介業者などを使わずに、自分で調べて現地の学校と直接コンタクトを取っていくような方法をお勧めします。
それ自体が勉強ですし、そういう方のサポートでしたら、喜んでしたいと思っています。
中高年の方でしたら、金銭的にも余裕があるでしょうし、語学に不安がある場合もあるでしょうから、留学仲介業者を使っても良いかもしれません。でも、お勧めする訳ではありません。
若い方の場合、親御さんが心配して留学仲介業者を使うよう勧めるケースもあるようですが、3ヶ月程度の短期でお試しに留学するならともかく、長期の場合は、親御さんも、お子さんを信じて、任せてみてはいかがでしょうか。お子さんを信じられないなら、留学させない方が良いかもしれません。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。