--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'12.29.Mon

留学について3

留学生をみていると、日本人同士で固まって集団を作っている人たちが結構います。
せっかく海外に来ているのに、なんかもったいない気がしませんか?
もちろん、一人で知らない土地で暮らせば、たまには日本語で話のできる人と話をしたい気持ちも分かります。
でも、いつもいつも一緒っていうのはどうかと思います。
私がスペインに行ったとき、最初の都市はサラマンカだったのですが、だいたいの方はそうかとは思うのですが、知り合いは誰もいませんでした。
最初の一週間は、ホームステイ先のスペイン人の家族と学校の先生、そして学校のクラスメイトが話し相手です。最初のクラスメイトは、イギリス人とドイツ人、アイスランド人、中国人の4人でした。
私は、スペイン語がほとんど話せない状態でスペインに行きましたので、会話には苦労しましたが、辞書片手になんとかスペイン語で会話をしました。
スペインに行って初めて日本語を話したのは、スペイン滞在1週間後にたまたま知り合った日本人の女性と少し話をしたくらいでした。
まぁ、その後も、適度に日本人とは付き合いがありましたが、日本人だけで集まるということはあまりなく、スペイン人や他の国の人と一緒にパーティをしたりするため、そういう時は、皆が分かる公用語として必ずスペイン語を使っていました。
でも、本当に日本人としか付き合わず、スペインに来て、3ヶ月くらいが経っているのにスペイン語がカタコトしかしゃべれない人も結構いました。
やっぱり日本人同士だと、言葉が通じるからなのでしょうか。それとも、気が合うからなのでしょうか。
正直、言葉が通じるという点は、その通りだと思うので、反論する気はありませんが、気が合うという点は、そうでもないと思っています。
実際、私がスペインに滞在していた時に、日本人でも、あまり気が合わない人はいましたし、スペイン人や、スウェーデン人でも、気の合う人とは、とても気が合い、仲良くなりました。
一度、知り合った日本人女性とバスで日帰り旅行に出かけた時、その人は、既にスペインに半年以上も滞在しているにも関わらず、日本の会社に勤めていた頃の愚痴をさんざん聞かされて辟易したのは、かなり極端な例かもしれませんが、そんなケースもありました。
一方で、とても仲良くなったスウェーデン人の女性とは、日常の話から学校の話など、いろいろと話をして、全然お互い飽きなかったのを思い出します。その人ともバスで日帰り旅行に行きましたが、お互いにスペイン語の辞書を持参して、バスの中で辞書を見せ合いながら、本当にいろいろな話をしました。
それまでスウェーデンという国の位置や産業なども全然知りませんでしたが、非常に身近な存在にもなりました。
また、スペイン人の学校の先生ですごく私と気が合う人がいて、その人とは、ひたすら冗談を言い合ったりもしました。

実は、どこの国の人だから気が合いそう、ということはあまり無いのではないかと思っています。国や民族で、この国の人はこういう傾向がある、ということはできるのかもしれませんが、それよりも個々人の性格の方が勝っているように思うからです。
例えば、ドイツ人は一般的には綺麗好きで知られていますが、私と同じピソ(アパート)に住んでいたドイツ人の部屋はとても汚くて、皆から「本当にドイツ人?」と言われたりしていました。
日本人だって、一般的には、勤勉な民族として知られていますが、全然勤勉じゃない人ってあなたの周りにいませんか?きっと一人や二人はいると思います。
そうなのです、国民性や民族性などは、大勢で見ると確かに当たっていると思います。1000人のドイツ人と1000人のアメリカ人を較べたら、多分綺麗好きな人は、ドイツ人のグループに多いのでしょう。
でも、ある一人のドイツ人と一人のアメリカ人を較べてみれば、そのアメリカ人の方が綺麗好きだったりもするわけです。
ですから、性格や個性などで、気の合う、合わないというのは、国民性などよりも、その人個人の性格に依拠するように思うのです。
日本人同士で固まるのは楽かもしれませんが、折角なので、いろんな人と関わってみてはどうかと思う次第です。
日本人だから信頼できる、ということも無いと思います。むしろ、日本人だからということで、信用させて詐欺を働く悪い人もいるくらいですから。
留学すると、留学先の国の人とももちろん知り合いになることができますが、特に語学学校などだと、留学先の国ではない人と知り合いになることが多いです。
スペイン人がスペイン語学校に通う訳はないので、当然、それ以外の国からの留学生同士のクラスになりますので、本当にいろいろな国の人と知り合いになれます。
私が同じクラスや同じ部屋になった人は、スウェーデン、スイス、ドイツ、フランス、イギリス、ベルギー、リヒテンシュタイン、イタリア、アイスランド、トルコ、アルジェリア、ブラジル、アルゼンチン、中国、韓国、アメリカなどです。
本当に、いろいろな国の人と知り合いました。そしてその国々をとても身近に感じることができるようになりました。
そういうところって、留学したときの、大きなメリットだろうなぁと思います。
ぜひ、これから留学される方には、こういったメリットがあることを知って、様々な体験をして欲しいと思います。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。