--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'03.02.Mon

La Oreja de van GoghとAmaia

以前、このブログでもお知らせしましたが、スペインの人気音楽グループのLa Oreja de van Goghの元ボーカルのAmaiaがグループを離脱して、ソロ活動を開始しています。

経緯の実際のところは、一般人には分かりかねますが、ボーカルのAmaiaが他のメンバーと一緒にやっていくのが難しいと判断して離脱したというように聞いていました。
そういう意味でボーカルに逃げられた残りのメンバーでしたが、新しいボーカルを探してきて、新譜a las cinco en el astoriaを出したのが、2008年10月です。そして、離脱したAmaiaは、翌月の11月に"Amaia Montero"というAmaiaの名前そのままのアルバムをリリースしました。
Amaia01

ちょっと遅れましたが、先日やっとそのアルバム"Amaia Montero"を入手することができましたので、その感想などを書いてみたいと思います。

さて、アルバム名が名前そのままというのは、面白いと言えば面白いように思います。ソロ活動2作目のアルバム名は、どうするんでしょう? ま、それはおいておくとして、今回のアルバムの作詞作曲は、全てAmaiaでした。今までのOrejaのアルバムだと、全体の中で2~3曲で、作詞のみとか、作曲だけとか、ちょっとだけ顔を出しているようなイメージだったので、驚きです。むしろ、今まで自分の好きなように曲が作れなかったのが不満だったのかもしれません。あるいは、今回は誰も作詞や作曲をヘルプしてくれる人が見つからなかったので、仕方なく全部自分で作らざるを得なかったという側面もあるのかもしれません。
で、実際の曲ですが、一通り聞いた限りでは、ボーカルはもちろんAmaiaなので、今までと変わらず、良い歌声をしています。一方の曲については、ちょっと単調な気もしています。悪くはないのですが、コレっていう曲に欠けている印象です。
今までのOrejaのアルバムであれば、一通り聞くと、2、3曲は5つ星をつけたくなるような曲があったように思いますが、今回のアルバムはどれもそこそこには良い曲なんだけど、飛び抜けたものが無いと思います。そこが残念なところです。
これだったら、新生Orejaのアルバムの方がずっと良い印象です。もちろん、私の個人的な好みの問題ですので、人によっては逆の評価となることもあるでしょう。
とは言え、Amaiaの次のアルバムが出ても買わないかというと、そんなことは無いと思います。たぶん、いや絶対買うでしょうね。もちろん新生Orejaの次回作も買うことは間違いないでしょうが。
ボーカルの違いで言うと、以前のブログにも書きましたが、新生OrejaのボーカルのLeire Martinezは、Amaiaよりも少し若い29歳ですが(Amaiaは32歳)、しっとりとした曲に向いているようで、Amaiaはパワフルな声が持ち味なので、そんな違いは常にあるんでしょうね。
どちらの活動も、これからさらに楽しみです。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。