--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'03.13.Fri

ボケロネス エン ビナグレ(小イワシの酢漬け)

Boquerones1
この酢漬けとセルベッサ(ビール)が最高に合うんですよ!

先日、スーパーに行ったら、「しこいわし」を売ってました。まぁ、地方によって「ひしこいわし」とか「せぐろいわし」などと呼ばれているものです。どんなものかと言うと、ワカサギくらいの小さいイワシで、アンチョビーなどを作るのに使うイワシです。
 とは言え、アンチョビーは、昨年作ったものがあったので、今回は買うのをやめようかと思っていたのですが、妻が横でボケロネス エン ビナグレ(イワシの酢漬け)が食べたいと言ったので、それを買って作ることにしました。

最近の相場的には、もしかしたらそんなに高くないのかもしれませんが、20数匹入って、298円でした。印象としては、やや高めかなぁと思いますが、昨今のインフレではあまり文句も言えない程度かとは思います。
さて、そのお味は、というと、スペインのバルでよく食べたあの味。ジューシーで淡泊な味がビールが良く合います。自家製のボケロネス エン ビナグレは、やっぱり美味しく、非常に満足しました。

と、これだけでは、申し訳ないので、自分で作ってみたいという方のために、レシピをご紹介しておきます。いつ手に入るかが分からないので、料理講習会のメニューにもできないですし、小魚とは言え、頭とはらわたを取るような料理は、基本的には初心者向けの料理講習会では難しいかなぁと思っていますので、レシピの紹介でご勘弁ください。

レシピ
材料:
ひしこいわし 20数匹
白ワインビネガー 120mL
シェリー酒ビネガー(あれば) 小さじ1杯
塩 小さじ1/2
ニンニク 1~2片
オリーブオイル 大さじ3~4杯
パセリ 適量

作り方:
ひしこいわしは、頭とはらわたを取り除いた後、手開きで身を開いて中骨を取り除きます。水でよく身を洗って、キッチンペパーで水気をとります。はっきり言ってこの前処理の作業が一番大変です。私も、最近はこの作業をそんなにしていない(年に1回くらい?)ので、慣れている
訳ではないこともあり、20数匹を処理するのに、30分くらいかかりました。慣れない人だと、もしかすると、1時間以上かかるかもしれませんし、下手だと血が飛び散るので、覚悟してください。あぁ、このブログに騙されてひしこいわしなんて買うんじゃなかったと、後悔しないでくださいね。
いわしさえ、前処理してしまえば、後は、簡単です。
ワインビネガーの半量(60mL)に水を15mL加え、そこへいわしを浸します。途中裏返したりしながら、1時間程度経ったら、一旦いわしを引き上げて、水気をとります。この時に浸けていた汁は捨ててしまいます。
新しく、ワインビネガーの残りと水15mL、塩を混ぜてバットに入れます。そこへいわしを重ねていきます。途中で、ニンニクのみじん切りを乗せていきます。
boquerones2
漬け込むとこんな感じです。

最後にパセリのみじん切りを振りかけ、一晩おけば完成です。
なお、シェリー酒ビネガーは、もし手に入るようなら、ワインビネガーに、ほんの少量を混ぜて使ってください。コクがでて、まろやかな味になります。

スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back
ボケロネス エン ビナグレ(小イワシの酢漬け)』
素敵なレシピ有り難うございます

とても参考になり嬉しいです

ryuji_s1:2009/04/09(木) 08:54 | URL | [編集]

ボケロネス エン ビナグレは、スペインのバルでは、結構定番となっているタパスの一つです。ぜひ、参考にして作ってみてくださいね。
今は、ちょうどヒシコイワシをスーパーなどでもよく売っている時期なので、ちょうど良いと思います。よければ、アンチョビーもぜひ。

Salamanca:2009/04/10(金) 06:25 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。