--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'08.25.Tue

「スペイン料理講習会」のメニュー「サルモレホ」

9月13日に開催する、「スペイン料理講習会」で調理するメニューの一つ、「サルモレホ」をご紹介します。

サルモレホ0908
(写真真ん中のスープがサルモレホです。)

「サルモレホ」という名前は、あまり聞いた事が無い方も多いのではないかと思います。この料理は、スペイン南部、アンダルシアの古都コルドバの名物料理です。
コルドバと言えば、現在は、メスキータが有名ですが、かつてイスラム教徒が支配していた時代、反映を極め、グラナダにあるアルハンブラ宮殿よりも壮大で壮麗だったと言われるアル・アサーラという宮殿があり、当時は、イベリア半島だけでなく、周辺を含めて最も栄えていた街です。
そんな古都コルドバの名物、「サルモレホ」とは、どんな料理かと言いますと、簡単に言うと、トマトとフランスパンの冷製スープ。なぁんだ、ガスパチョと一緒かぁ、と思われるのも無理はありません。確かに、かなり近いものはあります。ガスパチョと違うのは、ガスパチョは、トマトの他にピーマンやきゅうり、玉ネギなども入れますが、サルモレホは、トマトとニンニクだけ。そして、ガスパチョに較べると、フランスパンの分量が多めになっています。大きな違いはそのくらいなのですが、味わいは全然違います。

写真のように、スープ皿に入れていただくと、本当に悠久の時を感じることのできる一品です。
ぜひ、お試しいただきたいと思います。


イベント「スペイン料理講習会」のお知らせ・お申込み

スポンサーサイト
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。