--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'10.16.Fri

イベント「スペインの世界遺産」のご案内

次回のイベントは、「スペインの世界遺産」ということで、その名の通り、スペインにあるユネスコ世界遺産をご紹介するイベントです。

イベント「スペインの世界遺産」
日時:2009年11月29日(日) 13:30~16:30
場所:京橋区民館(地図)
東京メトロ銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分
都営地下鉄浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2分
参加費:500円
持参品:筆記用具

イベントへの参加は、下記のページよりお申込みください。
参加申込みページ

スペインには、40箇所を超える世界遺産があり、その多くは、文化遺産です。
人類の叡智が宿る数多くの世界遺産に触れるだけで、心が豊かになれると思います。
ぜひ、大勢の方にご参加いただきたいと思います。

alhambra09
アルハンブラ宮殿のライオンの中庭(グラナダ)


この有名なアルハンブラ宮殿は、13世紀に建てられ、15世紀末にスペインのイスラム王朝が滅びるまでイスラムの砦として使われていました。要塞としての機能もさることながら、本当に美しいイスラムの宮殿です。


santiago09
サンティアゴ デ コンポステーラの大聖堂


このロマネスク様式の大聖堂は、イスラム教徒との戦いで疲れたカトリック信者を励ますために、建築されたとも言われています。バチカン、エルサレムに並ぶ、世界三大巡礼地の一つで、今でも多くの巡礼者がここを訪れます。


merida_aq09
メリダのローマ水道橋


さらにスペインの歴史を遡ると、ローマ世界に支配されていた時代があります。いわゆるローマの五賢帝が活躍した時代には、イベリア半島は、このような水道橋や闘技場、円形劇場などが数多く建設されました。今も残るその遺跡についても、いろいろとご紹介していきます。

このような形で、歴史や文化にも触れながら、スペインの世界遺産をご紹介するイベントです。
クイズなども交えながら、楽しんでいただけると思います。

奮ってご参加ください。
参加申込みページ

さらに、
現在開催中の展覧会「THE ハプスブルク」((国立新美術館:~12月14日)で、来日しているスペイン絵画についても、合わせてご紹介する予定です。
なんと、ベラスケスやムリーリョ、エル グレコの作品などが来日しているのです。
こんな絶好の機会を逃すのはもったいないと思います。
今回のイベントでは、スペインの画家を中心にこれらの絵画についても簡単にご紹介する予定です。

お楽しみに!

スポンサーサイト
Categorieイベント情報
トラックバック(1)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

イベント「スペインの世界遺産」レポート


11月29日に、「スペインの世界遺産 ~その真実~」と題しまして、スペインの世界遺産を紹介するイベントを開催しました。 大勢の皆さんにご...

2009/12/01(火) 23:59:37 | NPO法人スペイン文化交流センターサラマンカのブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。