--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2010'01.23.Sat

レポート「第15回スペイン料理講習会」2

さて、料理講習会レポートの続きです。
cocina100104



アンケートの集計結果で、以下の質問についての結果をご紹介します。
★次回作ってみたい、または食べてみたいと思う料理を次から選んでください。(複数回答可)
a)フィデウア(パスタのパエーリャ):6票
b)ソパ デ アホ(ニンニクのスープ):5票
c)ガスパチョ(トマトの冷製スープ):10票
d)タコのガリシア風:12票
e)トルティーリャ(スペインオムレツ):5票
f)ナティージャ(カスタードクリームのようなデザート):6票


ということで、何故かは分かりませんが、タコのガリシア風が12票を獲得して1位です。
また、根強い人気のガスパチョは2位になりました。
それ以外は、まぁ、6票と5票ということで、そこそこの支持を得られたというところでしょうか。


それにしても、参加者の半数以上の人が「タコのガリシア風」を選んだということですので、ぜひ次回の料理講習会では、メニューに加えたいと思います。
ガスパチョは、美味しくできると、本当に美味しいんですよね。(失敗すると、とても飲めたものではないものになるような気もしていますが...)
おそらく次回は、タパス特集にしようかと考えていますので、それに合ったメニューを検討していくつもりです。
選択肢以外のフリー記載では、マッシュルーム(plancha)、バカラオ アル ピルピル、プリン、チュロス、パン コン トマテ、エビのニンニク炒め、イカ墨のパエーリャなどが挙がっていました。
比較的簡単な料理を作ることにしている、料理講習会の中でやるには、バカラオ アル ピルピルは、ちょっと難しいかなぁと思っています。
私もバカラオではなく、タラを使って何度か作っていますが、タラの質によって、出来映えが大きく違ってしまうので、その点が難しいのと、作る手間が面倒で、失敗しやすいので、そういう意味でも、料理講習会でやるのは、無理かなぁと思っています。
その他のメニューは、今までにも料理講習会でやったことのあるものもありますし、そうでないものも、やろうと思えばできなくは無いものばかりです。
たまにはチュロスとかも食べたいですね。チョコラテも作って。
ただ、普通の日本人には、チョコラテ コン チュロスは、あまり受け入れられないだろうなぁと思っています。
チョコラテ コン チュロスが大好きです!という方が、いらっしゃったら、コメントなどしてください。
(ちなみに、私は、1年に1回くらいなら、好きですけどね。)
スポンサーサイト
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。