--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2010'01.26.Tue

久しぶりにチュロスを食べました

久しぶりに本場のチュロスを食べました。

チュロス10012

カロリーが高く、普段はなかなか食べる気にはならないのですが、ふとどうしても食べたくなって、作ってしまいました。
チュロスと言っても、スペインでも地域によってなのか、多少違いがあるように思っています。一番大きな違いは、ベーキングパウダーの量だと思います。日本でよくみかけるチュロスは、ベーキングパウダーが入っていないか、非常に少量のせいか、あまりふくらんでいないように思います。スペインでも、同じようなチュロスもあると思いますが、私がセビージャのフェリアで食べたチュロはすごく膨らんでいるふわふわのチュロで、非常に印象的でした。
チュロス10013
↑これが、フェリアのchurroです。(本当にでかいです)


ということで、そのフェリアでのチュロっぽいものを作ろうと思って、下記のレシピで作ってみました。


【チュロのレシピ】
材料:
水 500mL
薄力粉 250g
ベーキングパウダー 小さじ1
砂糖 25g
塩 ひとつまみ
揚げ油
砂糖 ふりかけ用


作り方:
水を鍋に入れ、塩を入れて、弱火で加熱します。
薄力粉とベーキングパウダー、砂糖を混ぜ、ふるいながら少しずつ鍋に入れていきます。
(ダマになりやすいので、気を付けてください。)
水の温度が50度~60度になったら、一旦火を消します。
全部の粉を入れたら、全体を良くかき混ぜます。
これを星型の口金をつけた絞り袋の中に入れておきます。
油を180度くらいに熱し、生地を油の中に出します。
4~5分したら裏返して、さらに2~3分揚げます。
油を切って、皿に盛り付けたら、砂糖をふりかけてできあがり。
(お好みでシナモンパウダーを振ってもよいです。)
やっぱり一緒にチョコラテ(ホットチョコレートドリンク)が欲しいところ。
今回は、チョコレートが無かったので、ココアを濃い目に作ってお茶を濁しました(笑)。
チュロス10011
↑揚げてる状態はこんな感じです。


ふわっとした感じは、なんとなくセビージャで食べたチュロに似た感じになりました。
でも、カロリーの高さはかなりのもの。ダイエットのため砂糖と油の両方が入ったものをほとんど食べない私にとって、かなりきついものでした。あと1~2年は食べなくても大丈夫かなぁと思ったのでした。
妻も息子も、最初は喜んで食べていたものの、「甘すぎる」と言って途中であまり食べなくなってしまいました。
確かに普通の日本人には、本場のチュロはきついでしょうね。
私もスペインで最初に食べた時は、「うっ」って思ったものです。でもそれが何故かクセになるんですが...

スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(1)
Next |  Back
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

カバーレター:2013/07/23(火) 15:09 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。