--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'03.13.Sun

Bosque de los Ausentesについて

マドリードのレティーロ公園内にできた"Bosque de los Ausentes"ですが、各新聞、放送局などで、"Ausentes"の訳が異なっていて面白いなぁって思います。
例を挙げると、「不在者の森」「死者の森」「亡き人々の森」などです。
Ausenteを辞書で引くと、「(その場に)いない人」「欠席者」と出てきます(研究者「新スペイン語辞典」)。これを「死者」や「亡き人々」というのは、ちょっとニュアンスが違うような気がしています。私のイメージでは、「本来ならそこにいるべきなのに、いない人」というニュアンスが近いように思います。あのテロが無ければ、そこに普通にいるはずの人が欠けている。学校の欠席者の机が主無くぽっかりと空いたような様子なのではないかと思うのです。遺族にとっては、いるはずなのにいない人、という印象なのでしょう。
そういう意味でスペイン語では"Ausentes"という単語はピッタリだと思う反面、日本語にどう訳したものか悩むところですね。
良い訳があったら、教えてください。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。