--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'07.18.Mon

愛・地球博「スペイン館」行ってきました

この連休に合わせて、名古屋で開催中の万博「愛・地球博」に行ってきました。
さすがに連休中は混みそうなので、その直前、金曜日に万博を見ました。それでも、そこそこ並びました。人気の企業パビリオンは、160分待ちなどで、とても並ぶ気にもならず、もっぱら各国のパビリオンを回りました。
今回は、我がNPO法人スペイン文化交流センターサラマンカの正会員で、現在は、万博のスペイン館のスタッフをしている私の友人に案内してもらったこともあり、穴場なども教えてもらって助かりました。
さて、そのスペイン館ですが、ドンキホーテや、スペインの食材、祭りなど比較的分かりやすく紹介されており、良かったのではないかと思います。スペイン館では、17ある自治州を週ごとにピックアップしているということで、私が行った時は、アラゴン州がピックアップされていました。アラゴンと言えば、2008年に愛知の次に万博が開かれるサラゴサのある州です。このサラゴサ万博では、「水」がテーマということで、アラゴン州の水をペットボトルで配っていました。(写真)
また、スペイン館に併設されているバル風レストランにて、食事をしました。こちらは、ビールにクルスカンポが用意されていたのが、せめてもの救いかと。クルスカンポというのは、セビージャのビールで、アンダルシア地方ではよく飲まれています。私個人としては、マドリードのマオウか、グラナダのアルハンブラの方が好みなのですが、クルスカンポも悪くはありません。
生ハムはそこそこ美味しかったですが、パタタスブラバスは、ポテトもソースもダメダメでした。パタタスブラバスなんて、現地の味を再現するのは、そんなに難しくはないと思うのですけどねぇ。ピンチョスも、値段と内容は釣り合いが取れているとは言えませんでしたが、味だけはぎりぎり合格点かと思います。でも、あの味と量なら、現地で食べると500円程度なのに、1800円取られるというのは、使っている食材の入手や日本の物価などを考えても、高いと思います。
こんなことしてるから、スペイン料理が高いイメージがついちゃうんじゃないかと思います。もっと、素朴で美味しくて安いメニューでアピールした方が、観光立国スペインの良さが出て、日本からの観光客も増えるんじゃないかなぁと思うのは、私だけでしょうか?
エル ブジとか、有名だけど、あれってスペイン料理じゃ無いでしょ。あんなもの食べてるスペイン人がどれだけいるんでしょう?もちろん美味しいのかもしれませんが、スペインの実態を表してはいないですよね。
スペインの庶民が食べている素朴で、伝統的な料理をもっと用意してもらえたら、私なんてとっても嬉しいのですけど。ピミエント アサド(赤ピーマンをオーブンで焼いてオリーブオイルとワインビネガーで味付けしたもの)なんて、庶民的だし、スペインから空輸することも可能だから、おつまみに出しても良いと思うし、スペインのハエンやコルドバ産の美味しいオリーブの実だって、手軽に出せると思います。オリーブの実なんて、1回に20個くらいぺろっと食べるんだから、お通し代わりに、ビールを注文した人には、付けてあげても良いと思います。スペインなら、ビール1本頼んだら、そのくらい、或いは他のつまみだって出てくるんだけどなぁ。


スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back
万博行ってきたんですね!うらやましい。
万博記、というよりはスペイン料理について熱く語られていますね。でも同感です。かしこまったものより、安くておいしい料理を楽しく食べたほうが身近に感じられますよね。その国にも親近感わきます。例えば今の韓国料理とか、東南アジアの国々の料理とか…??
あ、スペインパビリオンの外観、すてきですよね★

生羽:2005/07/20(水) 09:54 | URL | [編集]

生羽ちゃん。久しぶり!
改めて読み返すと、確かに万博記ではないような...
でも、この万博で、新しい料理のネタを仕入れたので、今度ぜひ。
外観に凝ったパビリオンは、外国館ではあまりなかったので、そこは評価できるかも。

af1pro:2005/07/21(木) 00:37 | URL | [編集]

是非愛知万博へ行きたいと考えています。スペイン館は勿論ですが、他の国の展示でお勧めはありますか?

およたん:2005/08/12(金) 16:33 | URL | [編集]

他の国のパビリオンでは、「カタール」が良かったです。ピンバッジくれたし、「ヘナ」というタトゥーみたいなものも無料でやってました。ただ、女子高生とかが沢山並んでいたので、結構待つかもしれませんが。
あとは、メキシコ館も良かったです。説明が分かりやすく、展示もきれいでした。
アンデス共同館は、スペイン語圏ということで、楽しみに行ったのですが、面白い面もあり、そうでないところも。映画みたいなのはわりと良かったです。
シンガポール館のスコール体験も、暑い日だったら良いかもしれません。
私は平日に行ったのですが、休日はすごい人らしいです。可能なら平日に行かれることをお勧めします。
では、楽しんできてください。

af1pro:2005/08/13(土) 00:04 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。