--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'10.02.Sun

スペインへの移民

先ほど、NHK教育テレビで放送されていた、「人口減少ニッポンとどう向きあうか」を見ていて、スペインの話が出てきました。日本を含め、多くの先進国で出生率の低下などで悩んでいますが、フランスやデンマークなど、いくつかの国では、出生率の回復に成功している国もあるというような話などがありました。
しかし、スペインの話というのは、ちょっと面白く、アラゴン州の村Aguavivaでは、人口が600人あまりで、高齢者も多かったらしいのですが、その対策として、仕事や家を用意して、移民を受け入れるということでした。40歳以下の夫婦で、10歳以下の子供が二人以上、5年以上居住するなどの条件があるらしいのですが、アルゼンチンやルーマニアなどから移住してきた人がいて、村が活性化しているということでした。また、それを受けて、周辺の村も同様の政策を始めているようです。
スペイン語圏のアルゼンチンはともかく、ルーマニアなどからも受け入れているということや、役場の人の言語、文化などを超えて交流を深めることもできるというような発言から、日本からも希望すれば、移民が可能なのではないかと思いました。
こういうことをしている村があるということは、どこかで聞いたことがありましたが、今までは本気で考えてなかったせいか、聞き流してしまっていました。しかし、現在スペインへの移民を考えている身としては、かなり衝撃を受けました。こんな手があったんだと。考えてみれば、他にも様々な手があるのでしょう。確かにその通りです。だからこそ、私も、10年以内にスペインに永住しようと計画し、その実現はそれほど難しくないと楽観視もしています。(もちろん簡単ではありませんし、相当な努力が必要だとは思いますが)
ただ、これからは、もっと様々な可能性を模索していき、具体性を高めていく必要があるのではないかと思った今日の放送でした。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(1)  コメント(5)
Next |  Back
貴方が永住移民を考えているとは!
移民問題に関して、新聞の社説での識者の声等から察するに、スペイン国内には移民の流入それ自体を問題と見て水際で防止すべしという意見と、移民がなくてはもはや各種産業(農業やホスピタリティ業等)が成り立たたないのでまずは肯定的に捉えて、その後付随する諸問題を解決していけばいいじゃないかという意見の二つがあると思います。
よく商売では買い手も作り手も売り手もみんなハッピーなのが良しとされますが、移民問題に関しては、まずは受入国の利得ありきだろうと思います。その上でもなお移民側にメリットがあるか・・・移民側はそこの覚悟と、受入国側も移民不可欠と判断すれば国益を多少落としてでも移民が集まる策を講じるはずで、その国が現時点どういう方向に向かっているかの読みがポイントだろうと思います。さてスペインはどうか・・・よく分かりません。しかし、少なくとも言えることは、永住してもいい感じで住める国、それくらい魅力がある国であることは間違いないということです。
永住、是非実現されたいと思います。

dimelo:2005/10/02(日) 15:31 | URL | [編集]

実は僕もスペインが好きで移住できたらと思っております。仕事の問題、ビザの問題等困難が多いと思いますが、100パーセント不可能ではないようですね。どう努力して良いか分からないので情報交換できたらと思います。どうぞ宜しくお願いします。

カフェグアイ:2005/10/03(月) 00:40 | URL | [編集]

dimeloさん、こんにちは。実は、そうなんです。
私も先日の衆院選までは、漠然としか考えていなかったのですが、あの結果から、私の考えと、今の日本国民の大衆の総意との間に決定的な差があるように感じ、私が住みやすい日本が来る可能性が低いことに絶望して、ならばスペインに行った方が早いのではないかと思うに至りました。
私がスペインに行くことがスペインにとってハッピーかどうかは分かりませんが、私にとって人間らしく生きられる国であることは間違いありあません。不法に滞在してしまうと、帰化するときに不利になるようなので、合法的に行こうと思っています。
カフェグアイさん、初めまして。
一人で単に移住するだけなら、正直それほど難しくはないと思っています。家族も一緒だと、多少ハードルは上がりますが、それでも、困難とはいえないレベルだと思います。逆に家族を説得する方が難しいかも。
私のイメージする移住方法は、それほど難しくありません。ただ、誰にでも可能と言うわけでもありません。でも、カフェグアイさんが得意とされる分野を生かしての移住への道は必ずあると思います。こちらこそ、情報交換などよろしくお願いします。

af1pro:2005/10/03(月) 01:06 | URL | [編集]

まず、イメージすることが出来ないとだめですね。 家族の方は比較的理解があると思いますが 仕事が問題です。スペインの友人がマグロの仕事を紹介してくれるを言ってくれていますが経験が無いので不安です。af1proさんはどの様なイメージをもっていらっしゃいますか?

カフェグアイ:2005/10/05(水) 22:21 | URL | [編集]

私の最も良いと思っているイメージは、あまり一般的ではないかもしれませんので、ここでは、ちょっと紹介できないのですが、別に難しいこともないと思っています。特にスペインでやると有利な仕事である必要はなく、日本でやってもスペインでやっても変わらないのであれば、自分の住みやすいところに行けば良いというだけのことだと思います。
マグロのお仕事というと、ガリシア地方などが有名ですが、あちらの方も住みやすそうなので、私も候補地の一つに考えています。
スペインではマグロはそのままステーキでも食べますが、缶詰や他の加工食品にしたりもするので、工場もあるでしょうし、日本への輸出もかなりしていると聞いています。様々な仕事があると思います。
経験がないので不安というのはよく分かります。でも、きちんと準備をした上で実際に飛び込んでみれば、上手く行くと思います。
何事も勇気と努力、知識と努力、才覚と努力だと思います。1回しかない人生、後悔しないように生きたい。それが私の信念です。へんな話になってすいません。

af1pro:2005/10/08(土) 01:31 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

サラマンカに住みたいなぁー


= サラマンカに住みたいなぁー =スペインも少子化で 人口低下の傾向にあります。街を見回してみても おじいちゃん、おばあちゃんがいっぱい。このところの好景気で労働力も不足しているそうです。お盆休みにスペインに行った時に南米人や東欧人が多い事に気がつきました。

2005/10/02(日) 23:58:00 | カフェ グアイ で お茶..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。