--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'01.29.Sat

スペイン20年ぶりの寒波

スペインでは、最近寒さが厳しくなっているが、何とスペイン気象台が発表したところによると、20年ぶりの寒波だという。スペイン北部での少々の雪はそれほど珍しいというわけでもないが、今年は、南部でも雪が降ったばかりではなく、アフリカ大陸北部のスペイン領メリーリャでも雪が降ったという。
まぁ、今年は確かに異常な感じもするが、日本では情熱の国などと呼ばれることの多いスペイン。情熱=暑いというイメージがある。確かに夏は暑い。6月から9月の間、南部アンダルシアなどでは、毎日日中は40度を超えることも珍しいことではない。しかし、冬はマドリードなどでも普通に雪が降るし、とても「情熱」というイメージではない。スペインにもそんな冬があるということを是非知っていただきたい。

ちなみに、この写真はサラマンカの街に雪が降った時のものです。スペインの冬の寒さは、空気が乾燥していることもあってか、とっても寒い。朝、今日はちょっと暖かいなぁって思って街頭温度計を見ると「マイナス2度」っていうのが普通だったし。ホント、寒い時はマイナス10度以下になることもざらだったし。思い出すと懐かしいスペインの冬。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。