--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'11.03.Thu

王位継承について

レオノールちゃんが誕生したことにより、スペイン王位の継承順は、フェリペ皇太子の次にレオノールちゃんが来るということになりました。
しかし、現在のスペインの憲法では、男子が優先されるため、もし、レオノールちゃんに弟ができると、継承順は弟の方が先ということになります。
ちなみに、現在の継承順は、次の通りです。
1.フェリペ皇太子
2.レオノールちゃん(フェリペ皇太子の長女)
3.エレナさん(フェリペ皇太子の長姉)
4.フェリペ J フロイラン(エレナさんの長男)
5.ビクトリア フェデリカ(エレナさんの長女)
6.クリスティーナさん(フェリペ皇太子の次姉)
7以降 クリスティーナさんの子供たち4人

この継承順を見ていただいても分かるように、フェリペ皇太子には、姉が二人いますが、次の王になるのは、現王の3番目の子供に当たるフェリペ皇太子です。いままでは、この男子優先という風潮が強かったのですが、最近はスウェーデンなど、男女に関係なく、長子優先という国も増えてきました。
国民の声としても、誰が次の王になるのかが早くから分かった方が良いという意見も多く、弟ができるかどうかで、姉が王になるかどうかが不安定だと良くないというように感じる人が増えてきているようです。
サパテロ首相も、第一子が王位を継承するというように憲法を改正するということを、レティシアさんがご懐妊された頃から口にしていました。

さて、今後この問題がどのように推移していくかは、目が離せません。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。