--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'12.26.Mon

2005年に活躍した人

El mundo(スペインの大手紙)のホームページで、2005年に活躍した人というアンケートを実施していました。毎年この時期になるとやっているのですが、この1年、どんな人が活躍したのかが分かって面白いので、私もいつも投票しています。(El mundoのホームページhttp://www.elmundo.es/ から投票できます。)
その結果について、日本でもそこそこ馴染みのあるところをご紹介しましょう。

スポーツ分野では、F1のワールドチャンピオンにもなったフェルナンド アロンソがダントツの1位を獲得しました。2位には、テニスのラファエル ナダルが続いています。これは、本当に妥当なところだと思います。
「人」というくくりでは、フェリペ皇太子の長男のレオノールちゃんが1位となりました。
音楽分野では、今年3月に出したアルバム「Pájaro en la cabeza」がヒットしたグループ"Amaral"が1位となりました。
また、文学の分野では、今年出版400周年ということで、盛り上がった「ドン キホーテ」が80%近い圧倒的な支持を得ての1位獲得となりました。
そして、最も活躍したスペイン人ということで、1位はスポーツ分野でも1位となったF1のフェルナンド アロンソが2位の「ドン キホーテ」や3位の「レオノール王女」を抑えての獲得でした。
また、スペイン人以外での活躍した人ということでは、1位はヨハネパウロ2世の後を継いで新ローマ法王ベネディクト16世となった「ジョセフ ラッツィンガー元枢機卿」でした。こちらも、ドイツ初の女性新首相のメルケル氏や、サッカーのロナウジーニョなどを抑えての1位獲得となりました。ロナウジーニョの敗因は、バルサに所属しているために、レアルファンや他のチームのファンからの票が入らなかったところにあるような気がします。

こうして、活躍した人と見ていると、なんとなくこの1年が思い出されますね。
スポンサーサイト
Categorieスペインニュース
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。