--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'01.02.Mon

新年を迎え

新しい年を迎えることが出来ました。
当団体にとっても、2005年は、イベントを中心に、様々な方々と出会うことができ、良い年であったと思います。スペインにとっての2005年は、El Pais紙発表の2005年の10大ニュースによると、次のようなものとなっています。

・自然災害(アメリカのハリケーンやパキスタンの地震)
・6月に起きたロンドンのテロ事件
・ローマ法王ヨハネパウロ2世死去
・レオノール王女誕生(フェリペ皇太子夫妻の長子)
・移民問題(不法入国など含む)
・渇水問題(とそれに伴う山火事など)
・カタルーニャの変革
・石油価格高騰
・フェルナンド アロンソのF1チャンピオン獲得
・同性間の結婚許可

日本の10大ニュースというと、国内と海外とを分けていたりしますが、El Pais紙では、国内、海外を区別せずに、スペインにとって重要であるニュースという視点で選択しています。
日本でもそうですが、10大ニュースで良いニュースよりも悪いニュースの方が多くなってしまうのは仕方の無いことなのでしょうか。ここに挙がっている10個の中でも、良いニュースは、レオノール王女誕生とアロンソのF1チャンピオン獲得くらいでしょうか。同性間の結婚の許可とカタルーニャの変革については、賛否があるところでしょう。
なお、2006年のニュースになりそうなものとしては、禁煙法の施行というのがあります。1月1日から施行ということで、既に始まっていますが、猶予期間があるので、9月1日までは、移行期間のような形になると思いますが、公共の場での喫煙が一切禁止になるという法律です。詳しくはEl Mundo紙のホームページにQ&A形式で掲載されていますので、気になる方は読んでみてください。

最後になりましたが、本年が皆様、そして、当団体にとって良い1年となりますように。
スポンサーサイト
Categorieスペイン雑感
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。