--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2010'01.19.Tue

レポート「第15回スペイン料理講習会」

1月17日に、第15回スペイン料理講習会が開催されました。
今回は、その様子とアンケートの結果などをご紹介します。
なお、今回使用したレシピは、こちらからダウンロードできます。

cocina100101

今回のメニューは、以下の5品でした。
・バレンシア風パエーリャ
・スペイン風肉団子の煮込み
・アサリのワイン蒸し
・モッツアレラチーズとプチトマトのサラダ
・マッシュルームとベーコンのエンパナディーリャ


今回も、いつものように、4人~6人の班に分かれて、各班で料理を作っていただきました。
なお、サングリアは、スタッフの方で全員分を作りました。


料理も、食事も会話も弾み、楽しんでいただけたのではないかと思っています。
cocina100102
↑今回作ったのは、こんな感じのメニューです。


さて、今回も参加者の方々にアンケートを実施しました。
その結果をご紹介します。


★今回作った(食べた)料理の中で、一番良かったものは何ですか?
という質問に対しては、次のような結果となりました。


1)マッシュルームとベーコンのエンパナディーリャ:10票
2)バレンシア風パエーリャ:5票
3)スペイン風肉団子の煮込み:4票
4)モッツアレラチーズとプチトマトのサラダ:3票


ということで、エンパナディーリャ(包み揚げ)が圧倒的な支持を集めました。
傾向を見ると、今回初めて参加された方は、スペイン料理と言えばパエーリャということもあって、そのパエーリャを初めて自分達で作って食べられたこともあって、パエーリャを選んでいる方が多かったようです。
一方のエンパナディーリャは、「食感が気に入りました」、「冷めても美味しいところが良かった」、「おつまみに最高!」、「単純においしかった」、「食べたことの無いお味」などの声があり、美味しくできたようです。
この傾向は、以前に某社の社員を対象にした料理教室を開催した際にも、同様にエンパナディーリャは好評だったことからも、予想はできたのですが、改めて好評なことを感じました。
さて、せっかくですので、エンパナディーリャとは、どんな料理かということを、簡単にご紹介したいと思います。
エンパナディーリャというのは、小さな包み揚げの料理のことを指し、中身は、カツオやツナ、エビ、挽肉などが良く使われます。今回は、マッシュルームとベーコンという取り合わせで作ってみました。
作り方は、レシピを参照いただければと思いますが、中身を作って、ギョウザの皮に包んでオリーブオイルで揚げ焼きするだけです。
中身の餡は、アイディア次第で、それこそ何でもOKです。もちろん、餡が美味しくないといくら包んでも、それだけでは、美味しくはなりませんので、ご注意ください。
また、意外とモッツァレラチーズとプチトマトのサラダも健闘したように思っています。彩りの良さとバルサミコ酢を使ったドレッシングの味は、どちらも非常に良かったとおもっています。ホームパーティーなどには、見栄えもしてうってつけではないでしょうか。詳しくはこちら

cocina100103


いつも、このアンケートの選択肢には入れていないのですが、番外で、サングリアが美味しかったという声を良く耳にします。
毎回サングリアはスタッフが作っているのですが、いつも好評をいただいています。
サングリアは、特別なことはしていないつもりなのですが、この料理講習会で飲んで美味しかったから家で作ったんですけど、うまくできなかった。という声も結構聞きます。
ですので、実は今回の料理講習会でも、そのポイントなどをご紹介したのですが、ここでも、ちょっとご紹介したいと思います。
ポイントは3つ。
・果物は、必ずバナナと柑橘類を入れて、さらにもう1、2種類の果物を入れる。
(料理講習会では、バナナ、オレンジ、レモン、キウィ、リンゴなどを入れています。時期によっては、キウィ、リンゴの代わりに、梨や柿を入れたりしても良いです。)
・味を見ながら砂糖の量を調整する。
(使うワインの甘みによって、砂糖の分量が変わってくるので、砂糖を良く溶かして、味を見ながら作ってください。その時、時間がたつまでは、固い感じがしますが、1~2時間するとだんだんと固さがとれて味がまろやかに変わってきますので、それを見越して味見ができるようになるとバッチリです。)
・シナモンは入れない。
(巷のレシピの中には、シナモンを入れる記載があるものがあり、別に否定はしませんが、私は入れない方が美味しいのではないかと思っています。好みで入れたい人が入れれば良いと思います。)


今回は、サングリアの売れ行きが良く、比較的早い時間で無くなってしまいました。特別に美味しかったのかどうか、私も、作るときに味見をしたくらいで、できあがってからは、あまり飲まないまま無くなってしまったので、確認はしていないのですが、どうも、美味しくできたようです。
サングリアを作っていて、たまにいつもと違う味になりそうな時があります。今回もそうでした。何が違うのかは、良く分からないのですが、微妙に味が変なことがあるのです。今回は、作っている時に味見をしてみたところ、なんだか、瓶やパックで売られている(スペインではサングリアが紙パックなどで売られています。)市販のサングリアのようなスタンダードというか既製品っぽいというか、何か違和感のある味になりました。(一緒に作っていたスタッフのTさんも同じ印象でした。)
使ったワインのせいなのかもしれませんが、ワインも3種類をブレンドしているので、偏っているということも無いようにも思うのですが、不思議です。リカバリーとして、白ワインと、コアントローを少し足したら、いつもの味に戻りました。まぁ、スタッフでも、そんな風に味見しながら調整を加えています。
皆さんも、ぜひ、味見をしながらサングリアも作ってみてください。
と、料理講習会のレポートの第1回はここまで。また続きを書きます。
Categorieイベント情報
トラックバック(1)  コメント(0)
2010'01.05.Tue

【スペイン料理講習会】メニュー紹介「モッツァレラチーズとプチトマトのサラダ」

新年早々、ちょっと変わったパンをご紹介しましたが、それはひとまずおいておいて、今回は、来る1月17日開催の「スペイン料理講習会」で調理予定の「モッツァレラチーズとプチトマトのサラダ」をちょっとご紹介します。

ensalada1001
これが、モッツァレラチーズとプチトマトのサラダです。


個人的には、サラダは大好きなのですが、実はスペインで普通のレストランでサラダというと、いわゆるensalada mixtaという日本語にするとミックスサラダが主なものになるのですが、これが、レタスとその他には、トマト、玉ネギ、よくてオリーブの実といったところが入っている実になんてことないサラダなので(スペインで食べると何故かこれも美味しいのですが、日本で食べるとあの味がなかなかでないんです。)、あまり料理講習会でわざわざ作るというものでもなく、躊躇していて、今までやったことがないのです。そこで、違うサラダを考えるわけですが、その他のサラダ的なものというと、Ensalada Rusa なんていうポテトサラダっぽいものもあるのですが、日本語に訳すと「ロシア風サラダ」。実際にロシアで、このようなものが食べられているのかどうかは私は知りませんが、「スペイン料理講習会」のメニューの名前として、「ロシア風サラダ」というのも、なんだかなぁというところで、これも躊躇しているわけです。


さて、ではなぜ今回「モッツァレラチーズとプチトマトのサラダ」となったのか?というところになる訳ですが、実は、うちのNPOのスタッフが先日スペインに行った折、スペイン料理の本を何冊か仕入れて来てくれまして、その中の1冊が、サラダだけが掲載された本だったのです。それを読んでいて目に留まったのが、今回の「モッツァレラチーズとプチトマトのサラダ」だった訳です。
ここで曲者なのが、先ほど上で「スペイン料理の本」と書きましたが、より正確に書くと、「スペイン人が読む料理の本」なのです。まぁ、普通に日本の書店で、日本語で書かれたサラダの特集本を買ったと思ってみてください。おそらく、その本には、和風サラダばかりが掲載されているということはなく、それこそ、各種さまざまなサラダが掲載されていることと思います。
勘の良い方は、もうお気付きだと思いますが、今回ご紹介する「モッツァレラチーズとプチトマトのサラダ」は、いわゆるスペイン料理ではありません。どちらかと言うと、イタリア料理でしょうね。(ここまで書くと、イタリア料理と一括りにするのもどうかと言うところですが、あまり細かいことを書くと、これ以上皆さん読んでくれなさそうで...笑)
長くなりましたが、まぁそういうことです。
でも、作ってみたところ、非常に美味しい!さらに、私なりにちょっとスペイン風にアレンジも加えてみたレシピで、料理講習会ではご紹介するつもりです。
色合いも、プチトマトの赤とモッツァレラチーズの白、そして生バジルの葉などの緑がミックスして、とても綺麗ですので、写真のような大皿に盛って出すと、パーティーなどにもピッタリの一品です。


イベント【スペイン料理講習会】のお知らせ・申込み

Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'12.31.Thu

【スペイン料理講習会】メニュー紹介「スペイン風肉団子」

今日はもう、大晦日ですね。時が経つのは早いものです。

今年一年も、いろいろなイベントを開催いたしました。
料理講習会を始め、アコーディオン奏者の寺田ちはるさんの演奏を聴きながらのスペイン料理のディナーや、マドリードの街並みを歩く感じでの、スペイン語講座、スペインの世界遺産を知るイベントなど、振り返って見ると、感慨深いものがあります。


さて、おしゃべりはこのくらいにして、次回、1月17日に開催のスペイン料理講習会のメニューをちょっと紹介します。

今回紹介するのは、「スペイン風肉団子のトマトソース煮込み」です。
アルボンディガス0912


この料理は、スペインの家庭の味といった感じで、各家庭独自の作り方があったりする、まさに郷土料理的な料理です。
よく、レストランやバルなどでも、「おばあちゃんの肉団子」なんてメニューに書いてあったりもします。

作り方は、簡単。
挽肉につなぎのパン粉や香辛料を入れて肉団子をつくり、小麦粉をまぶして油で表面に焦げ目をつけます。
それを、野菜を炒めて作ったトマトソースに入れて煮込むだけ。
作り方は、日本の肉団子とそんなに違わないようにも思うのですが、やっぱり味はスペインの懐かしい味。
ぜひ、皆さんも、味わっていただければと思います。

まだ、若干定員に余裕がありますので、1月17日に予定が入っていない方は、下記ページに詳細が載っていますので、そちらをご覧いただき、お申込みください。


イベント【スペイン料理講習会】のお知らせ

Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'12.16.Wed

イベント【スペイン料理講習会】のお知らせ

今回は、イベント【スペイン料理講習会】のお知らせです。


「第15回 スペイン料理講習会」
日時:2010年1月17日(日)13時30分~17時00分
場所:東京都新宿区 牛込箪笥地域センター 4階 調理実習室
都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口 徒歩1分
地下鉄東西線「神楽坂駅」2番出口 徒歩10分
参加費:3000円(材料費・保険料込み)
(会費は当日お支払いいただきます。)
持ち物:エプロン、手拭タオル、筆記用具


会場の地図は以下のページを参照ください。
会場の地図


【今回料理するメニュー】
○バレンシア風パエーリャ(Paella Valenciana)
スペインの米どころバレンシアは、パエーリャ発祥の地。そのバレンシア風と名付けられたパエーリャをぜひ!
日本ではパエーリャと言うと魚介を思い浮かべる方も多いですが、本家は鶏肉などを使ったバレンシア風です。


○スペイン風肉団子のトマト煮込み(Albondigas con tomate)
スペインでは肉団子はおばあちゃんの味。どの家庭にも独特の味があります。
いわゆる肉団子なんですが、日本の肉団子とは違った風味のある、スペインならではの味です。


○ベーコンとマッシュルームのエンパナディーリャ(Empanadilla de bacon y champinones)
ベーコンとマッシュルームが小さなパイに包まれたバルなどで好まれる1品。


○漁師風アサリのワイン蒸し(Almejas a la marinera)
普通のワイン蒸しとはひと味違った漁師風のアサリのワイン蒸し。ひと手間加えるだけで、こんなに違います。


○モッツァレラチーズとプチトマトのサラダ(Ensalada de Mozzarella y tomate cereza)
白いモッツァレラチーズと赤いトマト、緑のバジルが色合いも綺麗でお洒落な美味しいサラダです。


○サングリア(Sangria)
赤ワインベースの美味しいお酒です。本料理講習会の名物でもあります。これ目当てで来るリピーターの人も...


どれも厳選されたレシピで、手軽にしかも美味しく作れるものばかりです。


今回は、前回の料理講習会の際にアンケート上位だった料理3品と、某企業で開催した料理講習会で
人気を博した料理をチョイスしました。
今回のお勧めは、「ベーコンとマッシュルームのエンパナディーリャ」。これは、ビールのつまみにもピッタリと
非常に人気の高かった1品です。


タイムスケジュールは、以下の通りです。
13時30分~13時45分 事前説明
13時45分~15時20分 料理(随時説明などをします)
15時20分~16時30分 楽しい会食
16時30分~17時00分 片付け


ぜひ皆様奮ってご参加下さい。
参加申込みは、以下のページお願いいたします。
お申込みページ


申込みは先着順とさせていただきます。
定員に達してしまった場合は、お申込みいただきましても、ご希望に添えない場合もございます。
予めご了承ください。


Categorieイベント情報
トラックバック(2)  コメント(0)
2009'12.01.Tue

イベント「スペインの世界遺産」レポート

11月29日に、「スペインの世界遺産 ~その真実~」と題しまして、スペインの世界遺産を紹介するイベントを開催しました。
大勢の皆さんにご参加いただきまして、本当に有難うございました。

世界遺産091101
↑イベントで、世界遺産紹介の様子

スペインには、40箇所以上の数多くの世界遺産がありますが、その全てをご紹介することはできませんでしたが、主だったものについては、ご紹介することができたのではないかと思っています。

世界遺産091102
↑クイズを班に分かれてやっている様子

また、イベントの中で、スペインの世界遺産の写真をスペインの地図のその場所に貼ってもらうというクイズを実施しました。皆さん、やはり有名どころはよくご存知のようで、結構正解していました。とは言え、例えば、写真の世界遺産が「サンティアゴ デ コンポステーラ」だ!と分かっても、そのサンティアゴが地図の中のどこなのか?というのは、別の問題で、苦戦されている班もありました。
残念ながら全部正解という班はありませんでしたが、ほとんど正解に近いところまでできた班もありました。
地図や写真を見ながら、解説などを聞いていただくことで、理解が深まれば嬉しい限りです。

皆様に伝えたいことが多過ぎて、説明過多に陥っていた部分もあり、反省しております。
なお、アルカラ デ エナーレスなど、一部スタッフのTさんにも説明を担当してもらったのですが、こちらは大変好評で、私も勉強になりました。
 ...READ MORE?
Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'10.16.Fri

イベント「スペインの世界遺産」のご案内

次回のイベントは、「スペインの世界遺産」ということで、その名の通り、スペインにあるユネスコ世界遺産をご紹介するイベントです。

イベント「スペインの世界遺産」
日時:2009年11月29日(日) 13:30~16:30
場所:京橋区民館(地図)
東京メトロ銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分
都営地下鉄浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2分
参加費:500円
持参品:筆記用具

イベントへの参加は、下記のページよりお申込みください。
参加申込みページ

スペインには、40箇所を超える世界遺産があり、その多くは、文化遺産です。
人類の叡智が宿る数多くの世界遺産に触れるだけで、心が豊かになれると思います。
ぜひ、大勢の方にご参加いただきたいと思います。

alhambra09
アルハンブラ宮殿のライオンの中庭(グラナダ)


この有名なアルハンブラ宮殿は、13世紀に建てられ、15世紀末にスペインのイスラム王朝が滅びるまでイスラムの砦として使われていました。要塞としての機能もさることながら、本当に美しいイスラムの宮殿です。


santiago09
サンティアゴ デ コンポステーラの大聖堂


このロマネスク様式の大聖堂は、イスラム教徒との戦いで疲れたカトリック信者を励ますために、建築されたとも言われています。バチカン、エルサレムに並ぶ、世界三大巡礼地の一つで、今でも多くの巡礼者がここを訪れます。


merida_aq09
メリダのローマ水道橋


さらにスペインの歴史を遡ると、ローマ世界に支配されていた時代があります。いわゆるローマの五賢帝が活躍した時代には、イベリア半島は、このような水道橋や闘技場、円形劇場などが数多く建設されました。今も残るその遺跡についても、いろいろとご紹介していきます。

このような形で、歴史や文化にも触れながら、スペインの世界遺産をご紹介するイベントです。
クイズなども交えながら、楽しんでいただけると思います。

奮ってご参加ください。
参加申込みページ

さらに、
 ...READ MORE?
Categorieイベント情報
トラックバック(1)  コメント(0)
2009'10.06.Tue

中内渚さんの個展に行って来ました

先日このブログでも紹介した、画家の中内渚さんの個展に行って来ました。
(紹介したブログはこちらから)

個展01
(お気に入りの一枚の前で、中内さんにポーズをとっていただきました)

会場は、スペイン大使館の地下で、私もビザの取得のためなどで、何度か行った事のあるスペイン大使館でしたが、こんな広い会場があったのかと驚くような場所でした。
個展は、19時までやっているのですが、当然通常の大使館業務は17時15分には終了してしまっていますので、私が行った18時半ごろには、入り口もひっそりとしていて、警備の方がいらっしゃるだけでした。
もう、そんな時間だからか、特に身分証の提示を求められることも無く、「中内さんの個展を見に来ました」と言うと、あっさりと、どうぞと中に通されました。


個展02

地下の会場は、上の写真のような感じで、なかなか綺麗で広い会場でした。
今回は、「世にも煌くスペイン展」ということで、スペインで描いた絵画が数多く出展されています。
主なものとしては、Feria de abril(セビージャの春祭り)のきらびやかな衣装をまとった女性達や、フェリアのカセータや馬車などの華やかな情景、また、今回、バルセロナのアーティストの集うレジデンシアに滞在して描いたというバルセロナ周辺の絵画などがありました。
バルセロナ周辺としては、サン パウ病院や、サグラダファミリア、ジローナなどに加え、海の幸いっぱいの美味しそうなピンチョスの絵などもありました。中内さんの描く食べ物は、可愛らしくて、食べるのがもったいないような、それでいて、すぐに食べたいと思わせるような、そんな雰囲気がします。
どの絵画も、優しいタッチで描かれた、私などにとってはとても懐かしい思いのする素敵な絵ばかりでした。

個展03

10月11日まで開催していますので、皆さんも、仕事帰りや、休日に気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。もし、来週にスペイン大使館に行こうと思っている方は、ちょっと早めて、ぜひ今週に行くことをお薦めします。

《世にも煌めくスペイン展》
中内渚さんの個展のご案内

Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'09.22.Tue

第14回スペイン料理講習会レポート

先日行われたスペイン料理講習会のアンケート結果の集計をご案内します。
なお、料理講習会のレポートはこちらです。


○今回作った(食べた)料理の中で、一番良かったものは何ですか?
  1.リコッタチーズ
  2.サルモレホ
  3.スペイン風串焼き


今回のメインでもあったリコッタチーズが、一番良かった料理となりました。
まぁ、スペイン料理ではないのですが、簡単な割りに美味しいという、ぜひとも参加者の皆さんに知っていただきたかった料理だったので、良かったと思っています。
ただ、料理会の当日は、どの班も同じ材料を使っているにも関わらず、簡単にできた班と、非常に苦労した班とがあって、ちょっと不思議でした。
簡単にできた班は、レシピの通り(レシピは、こちらをご参照ください。)、簡単にできたのですが、うまくいかなかった班は、鍋にできたチーズが細かくなりすぎたようで、うまくすくえずに、四苦八苦した模様。鍋で煮る前によくかき混ぜ過ぎたのがいけなかったのかもしれません。これから作ろうと思っている方は、工夫してみてください。
サルモレホは、以前の料理講習会等でもやったことがあるのですが、何故か好評でした。実は、私は、コルドバで初めて食べたときのサルモレホがあまり美味しくなかったせいか、そんなに好きではありません(そうだったの?)。ただ、皆さんには、好評なので、まぁ、良いかなぁと思っています。


○次回作ってみたい、または食べてみたいと思う材料を次から選んでください。
1.パエーリャ
2.エンパナディーリャ(包み揚げ)
3.アルボンディガス(肉団子の煮込み)


今回のアンケートでは、「○○風パエーリャ」というような限定した選択肢にしなかったせいか、パエーリャが1番人気でした。まぁ、次回パエーリャをやろうかなぁとは思っています。それこそ、どんなパエーリャにしようか少々悩みますが。日本ではスタンダードな魚介のパエーリャか、スペインではわりと一般的なバレンシア風パエーリャか、玄人好みのイカ墨のパエーリャか、ちょっと変わった(とは言え、最近ではだいぶ知られるようになった)パスタパエーリャことフィデウアか。まぁ、それ以外にも、秋ならば、秋の味覚たっぷりのパエーリャもありでしょうしって、次回は、おそらく冬になりそうなので、冬の味覚?はて、何を入れましょう? 最近、新しいスペインのレシピを友人に買ってきてもらったので、それを参考に、また新しい味にも挑戦してみようと思います。
2位のエンパナディーリャは、先日、某社の料理講習会の講師をした際に、「マッシュルームとベーコンのエンパナディーリャ」をやったところ、大変好評だったので、次回は、これをやっても良いのではないかと思っています。
3位のアルボンディガスですが、いつもタイミングを逃し、アンケートの常連なのにも関わらず、一度も料理講習会のメニューとしては行ったことが無いというメニューです。次回は冬ならば、まさにアルボンディガスの季節。やってみましょうか。でも、先日、こちらも某社の料理講習会で行ったピーマンの肉詰め煮込みも、捨てがたく。さて、もう少し考えてみます。


○料理講習会以外のイベントでは、どのようなイベントに参加したいと思いますか?
1.スペインの世界遺産
2.スペイン語会話
3.スペイン美術
3.スペインの音楽


と、スペインの世界遺産が、その他のイベントを押しのけて、1位となりました。ということで、次回は、スペインの世界遺産をご紹介するイベントを開催できればと思っています。前回、スペインの世界遺産を紹介したイベントは、5年以上も前ですし、あれから、スペインの世界遺産もいくつか新たに登録されたこともありますので、そろそろ良い機会なのではないかと思っています。
その他のイベントについても、折を見て開催していきたいと思っていますので、楽しみにしていてください。


と言うことで、アンケートの簡単な集計結果と私の勝手な感想を述べさせていただきました。


第14回スペイン料理講習会レポート

Categorieイベント情報
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'09.20.Sun

中内渚さんの個展のご案内

画家の中内渚さんの個展が、10月3日から11日にかけて、スペイン大使館で開催されることになりましたので、ご紹介します。

私も以前別な個展にお邪魔させていただいたことがあるのですが、とっても素敵な絵を描く方です。きっと、スペインの風を感じることができるような、さわやかな気持ちになることと思います。機会があれば、ぜひ足を運んでみてください。私も、行く予定にしています。

イラスト200909


《世にも煌めくスペイン展》 -中内 渚-


2009.10.3 (Sat) - 10.11 (Sun) 11:00-19:00


旅をしながら古本に絵を描く中内渚。
皆様のお越しをお待ちしております。
スペイン大使館 地下1階 オーディトリアム
106-0032 東京都港区六本木1-3-29 (駐車場はございません)



東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅下車 徒歩3分
銀座線・南北線 溜池山王駅下車 徒歩5分
日比谷線 神谷町駅下車 徒歩8分

お問い合わせ cambro showroom + week-end boutique
Tel & Fax: 03-3710-5415 URL: www.nagisita.com
Mail: cambro@cambro.jp


★ 作家は10月3/4/10/11日に在廊する予定です。
★ セキュリティーの関係上、大使館入館の際はご署名と身分証明書の提示をお願い致します。
後援: 駐日スペイン大使館、cambro showroom + week-end boutique

大使館地図

Categorieイベント情報
トラックバック(1)  コメント(0)
2009'09.14.Mon

第14回スペイン料理講習会レポート

昨日、スペイン料理講習会を開催いたしました。
ご参加いただきました皆様、本当に有難うございました。
(レシピはこちらからダウンロードできます。)

Cocina090901

今回作った料理は、こんな感じです。
Cocina090903
・サルモレホ
・リコッタチーズ
・エビのニンニク炒め
・サルピコン
・スペイン風串焼き
・サングリア

Cocina090902
調理中の様子です。
皆さん、初対面でも、仲良く協力して調理していました。

Cocina090904
皆さんで調理した料理を食べながらの会食は、スペインや南米の話などを中心に、非常に盛り上がりました。

今回残念ながら参加できなかった方も、ぜひ次回ご参加いただければと思います。

Categorieイベント情報
トラックバック(1)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。